スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤワらかアタマの英作文教室


st_cover.jpg


数年前まで定期購読していた週間STですが、最近は駅の近くまで出かけたときだけ購入するようにしています。本当は毎週ちゃんと読みたいのだけれど、1部290円もするのであきらめました。オンラインで英文記事を読むことはできるものの、やっぱり「読みもの」は「画面」でなく「紙」で楽しむのが1番です。
もともと慣れない英文をパソコン画面で読もうとすると、目に続いて脳ミソが途端に悲鳴をあげはじめます。疲れちゃっていけません。

毎年新春の号は、特別です。大きなクロスワードが楽しめますよ★

実は、お気に入りのコーナーである「ヤワらかアタマの英作文教室」に、ときどきコソッと投稿しておりました。優秀者氏名の欄に名前が掲載されているときは、俄然やる気がでてくるから不思議なものです。最新号のお題は、「その理論では、笑いが病気を治すという」ものなのですが、私は....





The theory says that good laugh can cure a patient's disease.




こんな風に英作してみました。
「according to」や「in one's theory」という表現もあるので、ちょっと悩みました。
皆さんなら、どんな風に英訳されますか? 
私はこれで投稿したいと思います。
あとあとになって考えると、can は不要だったかなぁなんて。。。。
もう送っちゃったから遅いかぁ。


【ライバルの勉強部屋】
 英語学習者が集まるサイトです。楽習のヒントが、ここにあります。
 にほんブログ村 英語ブログへ ファイブ ブログランキング みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

関連記事

Comment

Emi  

yukoさん

ごめんなさい。ご心配をおかけしましたm(___)m
私も、yukoさんと同意見です。
そのつもりで、コメントも書かせていただいています♪
面と向かってではなく、こうして考えをタイプすると、
ちょっとした言葉尻が、また違って聞こえてしまいますね(汗)。
ご気分を害してしまっていたら、本当にごめんなさい!

2009/01/11 (Sun) 22:24 | EDIT | REPLY |  

Emi  

yukoさん

優秀者に選んでもらえるのが毎回ならいいんですが(^^;) ホント、めったにないので。
雑誌にも英字新聞にも、けっこう間違いはありますよね。
私がお世話になっているライティングの先生も、スペルミスをしたり
前置詞を抜かしたりされてます(プリント作成の際に)。
ここはおかしいのでは?と言うと、褒めてくださるのと同時に、
先生も間違いをするんですと返されます。
そのような態度をいい加減だと言われる方もいらっしゃるかと思いますが、
私はライティングの先生の意見に同意しています。
人間のやることですもの。

2009/01/11 (Sun) 15:07 | EDIT | REPLY |  

yuko  

NoTitle

あっ。途中で送ってしまった。しかも、タイプミスがあるし、改行もめちゃくちゃですね。
先程の続きですが、担当の方が、とても丁寧な対応をされたので、とても感激しました。
またこの雑誌を買おうと思います。

2009/01/09 (Fri) 23:15 | EDIT | REPLY |  

yuko  

NoTitle

優秀者に選ばれるとはさすがですね。
驚きの報告をさせて下さい。
EMIさんもよ購入される(と思う)雑誌で、誤訳かなあ?(タイプミスではなくて)と思う箇所があったので、
問い合わせをしたんですね。返事など頂けないだろうと思っていたのですが、「Yukoさんが正しいです。
勉強になりました」とご丁寧なお返事を頂きました。
こんな有名な雑誌の翻訳者でも勘違いがあるんだんあと驚きました。

2009/01/09 (Fri) 23:04 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。