スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職場に娘と息子を (5)



なんだかんだ言いながら、娘(小5)も「基礎英語2」を毎日欠かさず聴いています。
かなり読める単語が増えてきました。
mountain が読めなかった頃から考えると、すさまじい進歩です。
役割練習のとき、私も一緒に音読しています。
英語を学びなおしてよかったと、つくづく感じるこの頃です。





怪しいリスニング力をなんとかしたくて、
松下クリスさんの英語解説をディクテーションしています。
聞き取りミスの訂正は、川本佐奈恵さんのメルマガ発行まで待ちます...。


Daughters and Sons at the Workplace (5)


exploit ... 食い物にする
You can also exploit weaknesses and in the opposite team if you are in some sort of game or competition.


what makes someone tick ... 人を動かす動機・理由
I think the same(?) this saying uses the word "tick"because it's comparing people to clocks, what makes our a clock tick, what makes a clock work.

ここは、絶対に same じゃないですよね...。と思ってたら、そのとおり。


criteria ... 基準
I almost always see the word "criteria " used as a plural and I know the singular but I don't really remember seeing or hearing it.


few and far between ... きわめて少ない
For example, the sentence here refers to physical space. You can also use this phrase to talk about time. So, for example, "In this work, breaks are few and far between."


private detective ... 私立探偵
It's really interesting. "Sleuth" has been an in English since the 13th century. "Shamus," no one is exactly sure where it came from, but there are two main possibilities. One is from the English Yiddish word for the ( シックステン?) sexton of Senegal(?). a synagogue.The other one is the Irish name that's the equivalent to of James; it's pronounced "Shamus." That's the a possibility, because many Irish people who want to go to went to the U.S. became policemen especially in large cities.
★下のコメント欄で、ラプさんシックステン? の謎を解き明かしてくださってます。ありがとうございます!


I'll never forget that. ... 忘れません。
This is one of the phrases people used in English when Japanese people would say 「懐かしい」. We don't have one adjective for that feeling or for that kind of a situation, so you could say "I'll never forget that." Or maybe even more common is "I remember that!" But you have to be careful with your tone of voice because "I remember that." can be used for almost anything.


It's as clear as a bell. ... はっきり覚えてます。
If it's not very clear, you could say the opposite: "It's as clear as mud."




【後記】
川本佐奈恵さんのメルマガ NHKビジネス英語を120%利用をチェック! で、訂正しました。


【こちらもチェック】
★ラジ子さんのブログ NHKラジオ/英語復習帳
★新井さんのサイト 英語征服
★ラプさんのNHK英会話で英語を学ぶサイト お散歩英語
★本多さんのHP NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!


【ライバルの勉強部屋】
 英語学習者が集まるサイトです。楽習のヒントが、ここにあります。
 にほんブログ村 英語ブログへ ファイブ ブログランキング みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

関連記事

Comment

Emi  

super源さん

いえいえ、私のほうもなかなか慣れなくて、すみません。
詳しければ、どこが問題だったのかわかったかもしれないのですが。。。

2009/05/13 (Wed) 18:44 | EDIT | REPLY |  

Super源さん  

Emiさん、こんにちは。(^^)/

「My 単語帳」、表示されたようで、よかったです。ミ(^o^)ミ
どうもお手数をおかけしました。

2009/05/09 (Sat) 09:07 | EDIT | REPLY |  

Emi  

Super源さん

了解です!
あとで、再度トライしてみます!

2009/05/07 (Thu) 15:33 | EDIT | REPLY |  

Super源さん  

Emiさん、こんばんは。(^^)/

さきほど、「My 単語帳」のタグを見直してたところ、誤りを発見しました。【><】
すみませんが、再度タグを取得しなおしていただけますか?

以上、お手数をかけますが、よろしくお願いいたします。m(__)m

2009/05/02 (Sat) 20:47 | EDIT | REPLY |  

Super源さん  

あらっ?(?_?)変ですね

Emiさん、こんばんは。(^^)/

「My 単語帳」は、私の別ブログであるFC2で、動作チェックをしながら作ったので、このブログでも必ず使えるはずです。

何か分かったらお知らせくださいね。

2009/05/01 (Fri) 23:29 | EDIT | REPLY |  

Emi  

super源さん

ありがとうございます!
単語は、ちょっと昨日ばたばたしていたので、後で入れようと思ってました。
今日さっそく新しい形のものをペーストして張り付けたのですが、あれ? ブログの画面に反応しません。ちゃんと貼り付けてあるのを確認したのですが、どうもブログの調子が良くないようです。ほかの画面も設定と違ってますので。。。。
後でまたチェックして見ます!!!

2009/05/01 (Fri) 10:49 | EDIT | REPLY |  

Super源さん  

Emiさん、こんばんは。(^^)/

わーい。(^○^)「My 単語帳」、張りつけて下さり、うれしいです。

あらっ(・。・)単語が入力されてないようですね。
(@_@)ウーン タグを張りつけたら、取り敢えず動作するようにしておいたほうがいいかも知れませんね。

…ということで、タグ取得時に、何語かサンプルデータが入るように改良しました。(^^)v

取り急ぎ、お礼まで。m(__)m

2009/04/30 (Thu) 20:56 | EDIT | REPLY |  

Emi  

匿名さま

返事はいりません、とのことでしたけれど、書きますね(^^)

「怪しいリスニング力を何とかしたくて・・・」と書いているのは、そのまま本当に私の正直な気持ちです。厳密にいえば、「このディクテーションは怪しいです」と警告している(?)意味もあります。もちろん、「ブログのネタとして読者と楽しくおしゃべりするために公開している」というのも、ディクを公開している主な理由のひとつです。訂正をいただくたび勉強になり、なんだか学習会に参加しているようで、とても楽しい雰囲気を味わっています。
「記事に書いていることと、コメントの返事の中身とが違っていることがある」というのは、私自身が(英語力も含めて)非常にふらふらしているせいで、それは本当に申し訳なく思います...。

このブログは(タイトルに付け加えたのですが)、英語学習者のダイアリーということで受け止めていただけたら、とても嬉しいです。ぼやきも矛盾も、日記のように、そうとう詰まってるかと思います。私のいたらない書き方のせいで、おっしゃるように、怒りのコメントをいただいたことも何度かあるのですが。。。
主人からは、「あいまいな自己紹介で読んでる人から誤解されてんじゃないの? たいしたことない、ただの学習者だって書いとけば? さらっと聞き流してもらえるから」などと言われました。「日記だと書いておけばいい」とも友人からアドバイスをもらい、タイトルを変更したのはそういうわけだったんです。

自分の英語力を考えたうえで記事を書かないといけないんでしょうが、ついつい思うままを書いてしまいます。お気楽な英語学習者の言うことは甘くて無責任に聞こえる、確かに英語で食べていかれている方からすると、そうかもしれません...。見過ごせない、いい加減さを感じられてしまうのでしょうね。ブログって日記のようでとても楽しいのだけれど、ときどき難しさを感じます。

2009/04/27 (Mon) 17:10 | EDIT | REPLY |  

Emi  

Super源さん

すごい、Super源さん。
新しいことに、どんどん挑戦なさってますね!
私にはとても思いつかないような「技」に、
ちょっと置いてきぼり感を味わってます。。。
私ももう少し、こう、なんていうんでしょう、
開発能力というか、才能があればいいのに。

2009/04/27 (Mon) 15:53 | EDIT | REPLY |  

Emi  

ラプさん

すばらしいです! 感謝の言葉もありません!
解決してしまった! ラプさん、ありがとうございます!

> 語源を説明してある英英などで調べて、
> One is from the Yiddish word for the sexton of a synagogue.
> Yiddish イディッシュ語、 sexton 寺男、教会管理人
> synagogue ユダヤ教の礼拝堂
> というところに落ち着きました。(たぶんあってるはず。)

語源の説明がある英英辞典!
くわ~~~~っ、思いつきませんでした。
すごい。
English ではないなと思ったんですよ...。
イディッシュだったんですね。あ、でも、イディッシュが何かは知りません。
これも調べないと。ははは。。。

> あ、それから、そのうしろの
> who want to go to the U.S. は went to the U.S. で、
> 最初の the same は the saying ではないかと思います。

これも、そのとおりですね!
はぁ~~~。私のディクは本当にいい加減だ!
これからも、よろしくお願いします!

2009/04/27 (Mon) 15:50 | EDIT | REPLY |  

Emi  

maciさん

> 娘さん、偉いですね!

....と言ってくださるmaciさんの優しさが嬉しいです...。
息子さん、朝6時40分頃に家を出られるんですか!
す、すごく早いですね。
私もバスケをしていた高校時代は、朝練があったりして
早く家を出てました。
お弁当を作ってくれてた母、大変だったろうと思います。。。

2009/04/27 (Mon) 15:47 | EDIT | REPLY |  

Super源さん  

NoTitle

Emiさん、こんばんは。( ^-^)/
どうも、ご無沙汰してます。

昨日、「My 単語帳」という、英単語暗記支援ツールを公開しました。
良かったらどんな感じかちらっと覗いてみてくださいね。

↓ここです
英単語暗記支援ツール「My 単語帳」 - 英語と遊ぼう「第五回」
http://ameblo.jp/super-gensan/entry-10247970959.html

可愛くて、単語入力も簡単!しかも無料!(笑)
われながら、良くできてると思います。
o(^-^)o←ジガジサン

また、もしできれば、Emiさんに試用していただき、リクエストなどいただけると、Super源さん大変うれしいです。(^^)

取り急ぎ、ご連絡まで。m(__)m

2009/04/25 (Sat) 22:17 | EDIT | REPLY |  

ラプ@別館  

知らない単語

shamus は初耳だったし、(しかも、うちの辞書には載ってすらいない。汗)
シックステンのところも、何度聞いてもわからなかったので、
知らない単語だろうと、聞き取りはギブアップ・・・。

語源を説明してある英英などで調べて、
One is from the Yiddish word for the sexton of a synagogue.
Yiddish イディッシュ語、 sexton 寺男、教会管理人
synagogue ユダヤ教の礼拝堂
というところに落ち着きました。(たぶんあってるはず。)

このコメントをするのでなければ
shamus も Yiddish も sexton も synagogue も
100%素通りしてました。感謝です。^^

あ、それから、そのうしろの
who want to go to the U.S. は went to the U.S. で、
最初の the same は the saying ではないかと思います。

2009/04/25 (Sat) 13:02 | EDIT | REPLY |  

maci  

NoTitle

娘さん、偉いですね!
はるか昔、私が中学に入学した時に、母から進められて、基礎英語1を聞き始めたけれど…
夕方6時からだったかな。
もう眠くて眠くて…
半分寝ながら聞いていた記憶があります…。

現在我が家では、1年生になった息子が朝6時40分頃に家を出るため、早起きになりました。
せっかくだから…と、朝6時から、ラジオをかけて、基礎英語を流すことにしてみましたよ。
息子は、ほとんど聞いていないけれど…。
新しい生活になって、英語の学習から遠のいている私の、朝一発目の気合入れの為にもなるかなと思っています。

2009/04/25 (Sat) 09:31 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。