スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員の特典 (5)



英検1級の勉強をまた始めようかと思っています。
今までに何度もそう思っては断念し、また初めては断念をくり返してきました。今回もいつまでもつか分かりませんが、単語の強化も含めて、英検1級のテキストを開いてみようと思っています。




松下クリスさんの英語解説ディクテーションを訂正してます。


Office Perks (5)


1) all the same ... それでも、それにもかかわらず
This is a phrase where if you change any of the elements, it doesn't really make any sense. A similar phrase, though, is "in any case."

下線部分、自信なし。
最初 where と書き取ったのですが、意味をなさないんですもん....。
やっぱり where だったの!? でも、なんで、ここに where があるの!? 



2) sensitive ... 微妙な
Your pay or some kind of illness that you're trying to get over might also be sensitive issues. 

私の場合、「体重」も sensitive issue です。



3) victim ... 犠牲者
You could also call someone "a victim of circumstances," or even a victim of their own action or behaviour, or once in a while, you'll hear someone be called a victim of his/her own success.



4) altogether ... 完全に、全体で
Sometimes this is a little bit difficult to spell, in this example, you should spell it as one word with one "l." But there are times when you should spell "all together" as two separate words, the way to tell the differences is to try to use "all together" as two separate words, separated from each other in a sentence. If you can separate "all" and "together," that's how you should spell it. So, for example. you could say "We're here all together altogether," that one would wouldn't be spelled separately because you can could also say "We're here all together."

お手上げです!
意味がよくわかってない。松下さんの解説、よくわかってない。
all と together が分けられるようなら、分けて書いてください...ということですよね。意味が飲み込めてないディクテーションは、めちゃめちゃです。。。



聞き取りミスのチェックは、川本佐奈恵さんのメルマガ NHKビジネス英語を120%利用を利用させていただきました!



【こちらもチェック】
★ラジ子さんのブログ NHKラジオ/英語復習帳
★新井さんのサイト 英語征服
★ラプさんのNHK英会話で英語を学ぶサイト お散歩英語
★本多さんのHP NHKラジオ 実践ビジネス英語で英語をマスターしよう!


【ライバルの勉強部屋】
 英語学習者が集まるサイトです。楽習のヒントが、ここにあります。
 にほんブログ村 英語ブログへ ファイブ ブログランキング みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。