スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにホニャララすぎて...




昨日書いた文法の疑問についての続きです。







「実践ビジネス英会話」のスキットに出てきた英文、
I probably had a bit too much to drink too.


なんで私が悩んでいたかと言いますと、


I had a drink.
(お酒を飲みました)


この英文が土台になっていると思い込んでいたからなんです。
『あれ? a bit と too much は「ちょっとばかり」という意味だから、
そうなると、このスキットの英文って目的語はどれになるんだ?
much が名詞扱い? ん? ん? ん?』
追い討ちをかけるように、ネイティブから drink は名詞では使わない
と断言されてしまって、頭の中がぐちゃぐちゃに。





別のネイティブに聞いてみたら、
「Emiの考えはあってるよ。too much の後は、
to drink でも drink でも大丈夫。
ただし、名詞扱いで drink を使うと、古臭いね」

という異なる答えが。。。










あ~~~~~~~! どっちを信じればいいの?














そして、金曜日。
わが家に来てくれた友達が、「これって、too...to 構文じゃない?」
そう言ってくれるまで、本当に混乱してました。




そっか! これって、too...to 構文だったんだ!



I probably had a bit too much to drink too.






あまりにホニャララすぎてって構文だったんだ!
to drink は、too の後にあったんだ!
...目に入ってなかった(涙)。
自分1人だと、どうひっくり返って考えても出てこない答えってありますよね。
持つべきものは友...です!





     つづく。。。



関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: 考えてみましたが、いかがでしょう?

さすが、Eddieさん。。。
ここが英検準1級レベルと1級レベルの違いなんですよね。
much の後の名詞が省略されるなんて、知りませんでした。
もちろん、Not much. という表現を映画の台詞で聞いて知ってはいたものの
身についてない証拠です。
私が持っている文法書、フォレストやロイヤルには載っていない?
調べたけれど、わかりませんでした。
ということはですよ、Eddieさん。
too...to構文ではないということになるんでしょうか。
私は、自分で納得して
「たぶん、あまりに多すぎて飲めなかった」
   ↓
「飲みすぎてしまったんでしょう」

というように解釈してしまっていたんですが。。。^^;

2010/02/28 (Sun) 11:37 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Eddie  

考えてみましたが、いかがでしょう?

こんにちは。
やさビジ会のEddieです。
簡単そうで難しいですね。
ちょっと考えてみました。
難しい場合は一番シンプルなセンテンスにして考えてみるのが私のやり方です。
いかがでしょうか?

① I had much ●●.
●●をたくさん取った。何を?

② I had much (something) to drink.
●●のところをsomethingと読み替えると、"something to drink"となり、「飲み物」という意味のおなじみの不定詞の形容詞的用法ですね。

③ I had too much something to drink.
muchにtooをつけてtoo muchにして「多すぎ」という意味を付け加えます。

④ I had a bit too much something to drink.
「多すぎ」を「ちょっと多すぎ」という意味にするため"too much"に "a bit"を付け加えます。

⑤ I had a bit too much something to drink too.
最後にtooをつけて別のことに加えて、ちょっと飲みすぎたということをあらわします。

⑥ I probably had a too much something to drink too.
「たぶん」という意味を加えます。

⑦ I probably had a too much to drink too.
somethingが文脈等から「酒」というのが明らかである場合はmuchのあとの単語は省略できます。

(Michael Swan著 Practical English Usageより)
much/many without a noun
We can drop a noun after much or many, if the meaning is clear.
examples
You haven't eaten much.
Did you find any mushrooms? Not many.

ちなみにmuchは否定文や疑問文で使われることが多いようですが、"too much"は肯定文で使ってもいいそうです。

(原則)
not used in affirmative clauses

In an informal style, we use much and many mostly in questions and negative clauses. In most affirmative clauses they are unusual (especially much); other words and expressions are used instead.
How much money have you got? I've got plenty.
He's got lots of men friends, but he doesn't know many women.

(例外)
after so, as, and too
So much/many, as much/many and too much/many are quite natural in affirmative clauses.

2010/02/28 (Sun) 08:25 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。