スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省略されてる!?




昨日の記事、「あまりにホニャララすぎて」に、
福岡やさビジ会のEddieさんがコメントをくださいました。
拝見して、びっくり!







I probably had a bit too much to drink too.


(何回もリピートするもんで暗記しちゃいましたよ、この英文...)



なんと、too much の後に、something が省略されている!?
私1人で味わうには、かなりもったいない素晴らしい解説ですので、
ちょっとEddieさんのコメントを引用させていただきます。



 I probably had a too much to drink too.
somethingが文脈等から「酒」というのが明らかである場合はmuchのあとの単語は省略できます。

(Michael Swan著 Practical English Usageより)
much/many without a noun
We can drop a noun after much or many, if the meaning is clear.
examples
You haven't eaten much.
Did you find any mushrooms? Not many.






...「目的語どこぉ?」と悩んでいたことが解決です。
much や many の後に来る目的語は、何であるか明らかな場合は省略されてしまうって、
私、ぜんっぜん知りませんでした。。。
(私の英語力って、こんなもんです)
「実践ビジネス英会話」のビニェットに登場したあの例文は、すなわち
I peobably had a bit too much something to drink too.
ということだったのね。



英会話サークルの席で、私はネイティブに
「この to drink は形容詞的用法でしょう? 名詞はどれになるんですか?」
と、さんざん質問しました。
something to eat や something to drink という形は知っているので、
もし「目的語(ここで言えば something)が省略されてるんだよ」と言ってもらえたら
すんなり納得できたのに!





Eddieさんがご紹介してくださったテキストは、こちらです。


Practical English UsagePractical English Usage
(2005/07/07)
Michael Swan

商品詳細を見る






...欲しい。
少しでも、Eddieさんに近づきたい。





ん? でも、ということは、
I peobably had a bit too much to drink too.
これは、はなから too...to 構文ではないってことなの!?




     。。。つづく、かな?



関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: NoTitle

Rosyさん

ありがとうございます!!!
私は、あれは副詞だろうと思っています(今は)。
でもネイティブによっても答えが違うし、きっといろんな意味や用法に
とれるんだろうなとも思っています。
文法って謎解きみたいで楽しいですね!

2010/03/10 (Wed) 08:47 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

車を運転したくなかったので、出かけませんでした。
自宅で勉強するのも大事かなと。。。
なんて言いながら、結局ドラマばっかり観てたけど。
ははは...。

2010/03/05 (Fri) 09:53 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: 混乱されませんように、、

ごめんね、私もイマイチ説明がよくわからなかった...。

> つまり、ここでの文がhad+度を超す量で、単なる程度を表しているtooと考え、解釈してたんですね。

too much 「たくさん」ってことよね!

>tooにもveryの意味合いがあるということで(正確な意味合いは違うんですが)

...この正確な意味合いは違うという、その意味合いが(^^;)
本当は正しくないんだけどって、ことかな???

私は、もともとの英文に目的語がなんでないんだろうなという疑問から
スタートしました。
something が省略されているとか、
too...to構文であるという説明だと
納得できます♪

2010/03/04 (Thu) 10:27 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

ネイティブからもいろいろな答えが返ってくるので、
これって、専門家に聞かないとわからないのかも。。。
「細かいことを」と言われてしまいそうですが、
こういった文法の問題って、パズルみたいで大好きなんです。

too...to 構文なのか否かですが、昨日ネイティブに尋ねたら、
「あ。。。それもありかも!」って言われましたよ。
いろいろな見方ができる英文だったのかもしれません。。。

2010/03/04 (Thu) 10:24 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: もうちょっと補足

Eddieさん、ありがとうございます!
too と very を混同してしまわないよう、気をつけないと。
私ももう少しちゃんと文法書を読むようにします!
また、ご指導ください。
よろしくお願いしますm(_ _)m

2010/03/04 (Thu) 10:21 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Rosily  

混乱されませんように、、

すみません、、、なかなかうまく説明できなくて、、、
つまり、ここでの文がhad+度を超す量で、単なる程度を表しているtooと考え、解釈してたんですね。で、tooにもveryの意味合いがあるということで(正確な意味合いは違うんですが)、ごっちゃにしてしまった、、ということなんです、、、。^^;

なんだか、ますます混乱させているような、、、、^^;

2010/03/02 (Tue) 11:10 | EDIT | REPLY |  

Rosily  

Eddie様

わざわざご説明をありがとうございます。

>>ちなみに、Practical English Usageではtooとveryのことについて、このように書いてあります。
Too is different from very - too means 'more than enough', 'more then necessary' or 'more than is wanted'.

あくまでも意味合いが違うことは理解しているものの、too=veryと、ここで少しごっちゃにしてしまったかもしれません^^;(too自体もveryの役をすることもあるので、、、)
詳しくご説明頂きありがとうございます。

2010/03/02 (Tue) 10:31 | EDIT | REPLY |  

Eddie  

もうちょっと補足

Rosilyさん、こんばんは。
ちょっとおっしゃっている意味を私がよく理解できていないので、的外れもまりかもしれませんが、少し補足しておきます。

例えば、I had too much food.という文だとすると、,
too ~toの構文でなくても食べすぎを意味していますよね。
ここでのtooは下記の文字通りの意味であり、仰るようにmuchを強調しているのではないと思います。

ちなみに、Practical English Usageではtooとveryのことについて、このように書いてあります。
Too is different from very - too means 'more than enough', 'more then necessary' or 'more than is wanted'.

例として
 He's a very intelligent child.
He's too intelligent for his class - he's not learning anything.

It was very cold, but we went out.
It was too cold to go out, so we stayed at home.

2010/03/01 (Mon) 20:39 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: ついでに、、、

ありがとう!
前の記事も読んでくれていたのね!
助かりました♪
覚えます。

2010/03/01 (Mon) 17:39 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: 単なる強調じゃないの?


> このtooは、ここでは単なる強調、つまりveryの意味ではない?(と、私は解釈しておりましたが、、、^^;)
> drink自体でお酒という意味を示すこともあるので、ここの話の流れでdrink=お酒を飲むという意味で、too (=very) much (something) to drink!お酒を飲みすぎる、、、となるのでは?

something が省略されることもあるって、Rosilyさんは知ってた?
もし、そのことを知っていたなら悩まなかったの。
私も最初は too much で考えてたから。

2010/03/01 (Mon) 17:37 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: too...+infinitive

Eddieさん
私は、何を見ればいいのかすらわからず、調べることもできませんでした。
アドバイスをくださって、本当に嬉しいです。
時間を割いてくださってありがとうございました!!!!


> Emiさんのコミュニケーション力は抜群にすごいので、


おしゃべりなだけです。。。
英語を話すだけでなく、中身をもっと鍛えないといけません。
がんばりまっす!


2010/03/01 (Mon) 17:34 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Rosily  

ついでに、、、

以前、ブログの記事で(確か25日)、(?)マークついてるところですが、close the dealで “取引をまとめる”という意味なのでOKじゃないかなと思います。ほかに、close(strike) a bargainも同じ意味です。
ご参考まで、、、。

2010/03/01 (Mon) 11:10 | EDIT | REPLY |  

Rosily  

単なる強調じゃないの?

どもっ。
このtooは、ここでは単なる強調、つまりveryの意味ではない?(と、私は解釈しておりましたが、、、^^;)
drink自体でお酒という意味を示すこともあるので、ここの話の流れでdrink=お酒を飲むという意味で、too (=very) much (something) to drink!お酒を飲みすぎる、、、となるのでは?

2010/03/01 (Mon) 11:01 | EDIT | REPLY |  

Eddie  

too...+infinitive

私は語法についての本であるPractical English Usageに書いてあったことをそのまま書いただけで、文法書というものはGrammer in useぐらいしか持っていませんし、ぜんぜん詳しくはありません。

Emiさんのコミュニケーション力は抜群にすごいので、私も少しでも近づきたいと思っています。
先月のやさビジ会でも、Emiさんが帰られたあと、「すごいね」と話題になってましたよ。

さて、お尋ねのtoo..+ toの構文は典型的には次のようなものですよね。
He's too old to work.
It's far too cold to go out.

Practical English Usageによれば
We can also use an infinitive structure after too much/many.とあり、例文として次のものが紹介されています。
 There was too much snow to go walking.

典型的な使いかたではないかもしれませんが、too...+不定詞の使い方の一つにはなるみたいですね。

2010/02/28 (Sun) 19:13 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。