スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネイティブにも聞いてみた




昨日ちょっと書いた talkative について、ネイティブにも意見を聞いてみました。
あ、でも、ご紹介する前にひと言。
私は「この talkative という言葉は、あんまり好きじゃない」と書きましたが、
そう言われて「傷ついた!」とか「腹たった!」とか、
そのレベルの話をしたかったわけではありません!
個人的に、あら?と思うところがある単語で、記事にしたくなりました。
あら?と思わせられる単語は、他にもあります。




たとえば、今ぱっと思いつく単語としては





Weird!

Fresh!

Wicked!






...なんてのがありますよね。
これらの言葉は、それぞれ正反対の意味をもっています。
言われてドキッとする単語です。



なんでドキッとするかは置いといて、まずは talkative について
カナダ出身とオーストラリア出身のネイティブの意見を聞いてみましょう。






I'm a talkative person especially with good friends. I don't take offense when people say that about me but it can be a compliment or an insult depending on how it is said to you (at least in English).
As I mentioned before it depends on the context, the body language and how they said it. If a friend of mine, with a smile on their face said it then I would take it as a compliment. They maybe someone who is shy and envies my ability to express my thoughts.
Or if it's someone who isn't smiling, seems disapproving, I would take it as an insult and then would decide if it was justified. If it was justified I may apologize for being so talkative or I may ignore them.
Unfortunately, in English it is a word that depends a lot on other factors.



こんな風に訳してみました。
私も友人といるとおしゃべりになります。おしゃべりだと言われて頭にはこないけど、でも、どんな風に言われたかによって、少なくとも英語の世界ではそうだけど、誉め言葉になったり攻撃の言葉になったりするでしょうね。状況によりけりだと思います。もし、友達が笑いながら言っていたら、talkative は誉め言葉として受け取っていいと思います。お友達はもしかしたらシャイで、自分の考えを表現できる私のことを羨ましく思ってるのかなって考えます。
もし、友達が笑顔でそう言ったのではなかったら、ちょっと不満そうな顔をしていたら、その言葉は攻撃的なものかもしれないから、ちょっと考えるでしょうね。そして、相手に正当性があると思ったら、彼らを無視して talkative であった自分の行為を詫びると思います。
残念なことに、英語でこの talkative は他の要素に影響される単語なのです。





If they mean you are talkative in English then I think it is meant that you are confident. I have heard that many Japanese people lack confidence to speak English even if they know how to speak it.



こんな風に訳してみました。
英語で talkative だと言われたのだとしたら、おそらく自信に満ちて見えたのではないかと思います。日本人は英語でどう話すか知っていても、なかなか口に出せないでいると聞いたことがあります。



意訳している部分、勘違いしている部分あるかもしれませんが、大意はこんな感じですよね。
想像していたとおりでもあったし、なかなか興味深いと思いました。
相手の表情によって、口調によって、言葉の意味が変わるのは日本語も同じですね。
私の場合、もちろんポジティブなイメージでもって talkative と言われた自信があります。(英語力に関しての自信ではありませんっ)
でも、この単語に「おしゃべり」という意味がある以上、
「英語が流暢」とか「英語がうまい」などと同等になるとは思えない...んだな、これが。
わかりやすく言えば、JICA理事長の緒方貞子さん。
月刊誌 CNN Englsih Express での英語インタビュー、聞き惚れました。
穏やかで説得力があって、ずっと耳を傾けていたくなるようなインタビューでした。
誰も緒方さんのことを talkative とは言わないと思うんです。
(たとえが分かりにくいでしょうか...)
だって、talkative っていうのは、あくまで個人的な性格でしかないもの。
英語力とはまったくもって、別物ですよね。



私が talkative にこだわるのは、もっと上を目指したい欲があるからだと思います。
この欲がある限りは、英語を勉強し続けていられるかなとも思います。
おい、私に talkative と言うな!という意味で、記事を書いたのではありません。
いつか talkative を超えたいなという願望が、記事を書くきっかけになりました。






おっと、そうそう。あの3つの言葉ですが。。。
それぞれいい意味と悪い意味がありますので、ご使用には注意が必要です。




weird ... 気味の悪い、奇妙な ⇔ ユニークな、すばらしい

fresh ... 未熟な、生意気な ⇔ 素敵な

wicked ... 悪い、不正な、イジワルな ⇔ すばらしい、上手な、かっこいい






私は以前、アメリカ人留学生に You're weird. と言われて落ち込みました。
「仲がいいと思っていたのに...」
意を決して尋ねたら、それは different や unique と同じ意味だったのだそうです。
アメリカでは、他と違うことがよしとされます。
それは聞いて知っていたものの、辞書で weird を調べたときはショックでした。
あまりのショックの大きさに、今でもこの単語の意味は忘れません。







関連記事

Comment

Emi  

匿名さま

ありがとうございます!!
いただいたコメント、みんなに有用な記事になると思います。勉強になりました!

2010/05/04 (Tue) 08:50 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

匿名様、長いコメントを2度くり返して読みました。
とっても考えさせらました。
同時に嬉しくなりました。
ありがとうございます!

>言葉に、その人の生き方が映し出されるのではないか、と私は思いました。これは、技術的なものとは別なものと捉えています。

そう考えると、英語のみならず、母国語である日本語についても
もっともっと磨いていかなければと気持ちが引き締まりますね!

”It is our choices, that show what we truly are, far more than our abilities.”

これは、あのハリポタに出てくるある登場人物の言葉です。
素敵でしょう!?
目に留めてくださって嬉しいです!
この言葉を耳にしたとき、光がさした気がしました(いえホントに)。
ローリングさんの言葉は重いです。
ハリポタを読み返すたびに感じます。苦労がにじみ出ているのでしょうね。
このブログに匿名様をお迎えできていること、光栄です。
遠く離れてはいますが、こうしてつながっていられるのって
素敵ですね、ある意味「運命の出会い」かも。
感謝します。

2010/04/30 (Fri) 17:32 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

Rosyさん、こんばんは!

> That's interestingも言い方によっては「それって興味深いけど、自分のテイストとは違うな」って意味のようだし、

ですね~~~!声のトーンが図れる面と向かってのコミュニケーションならいいですが、メールや手紙では気をつけないといけないのかしら。相手のトーンなんてわかんないですものね。そういう微妙なときにこそ、顔文字が生きてくるのかも。(エモティコンって、言うんでしたっけ)

2010/04/29 (Thu) 20:50 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

yokoさん、またこんばんは!
いただいたコメントの内容ですが、ブログでご紹介しても
差し支えないでしょうか。
これは、か・な・り勉強になる内容だと思うのです。
私が異文化コミュニケーションにひっかかっていたことが
お教えいただいた内容ではっきりしますから。
つくづく自分は日本人だなあと思いました。
たぶん、「いいんだよ」と言ってもらっても、
きっと心の底では相手の真意を探ってしまいそう(まだ...)。
性格って、生まれた国に大きく左右されるものですね。

2010/04/29 (Thu) 20:48 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Emi  

yokoさん

お久しぶりです♪ 携帯から失礼します(^-^)/
アメリカでは美徳なんですね! 私の大好きな鳥飼久美子さんの説明までご紹介くださり、ありがとうございました!!
アメリカと日本の違いを認識すれば、talkative に対するわだかまりを消すことができそうですね。英語は外国語であることを、改めて認識しました。
talkative が好きと言ってくださり、嬉しいです。(^o^ゞ

2010/04/28 (Wed) 18:35 | EDIT | REPLY |  

Rosy  

NoTitle

That's interestingも言い方によっては「それって興味深いけど、自分のテイストとは違うな」って意味のようだし、
よく先生が言ってたgood questionもテンションが低ければ「いい質問だね」じゃなくて「それはちょっと答えに困る質問だね」になりますしね。それが声のトーンや表情で使い分けられるといいんですが(^_^;)

2010/04/28 (Wed) 16:42 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

> 何度もすみません。

いえ、ありがたいですm(_ _)m
silver-tongued ってのは、聞いたことありません。
一体どんな舌だ!? って思いますね。

>Emiさんはきっとコメントなどからexpressive, impassioned, powerfulなどのもっと熱っぽさを感じる形容詞がぴったりなんでしょうけど(^o^)articulateもあてはまりそう。

だったらいいなぁ...。でも、違うと思います...。

2010/04/28 (Wed) 14:29 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

Rosyさん、こんにちは!

> 緒方貞子さんの英語は聞いたことがありますが、いいなあ~と思ったのは喋り方が攻撃的でないってこと。マーシャ先生の3か月英会話を聞いていても(視聴者向けに配慮してくれているのかもしれませんが)ペラペラと速く話してない、落ち着いた話し方の人たちでした。

確かに、そうですね。穏やかです。
ああいう話し方をされると、説得されても気持ちよくOKしちゃいそう。
大人の英語としては実に魅力的ですよね。
今度スカイプで話したときに、私の英語の印象を聞いてみようかな。
コワイな、でも。
I think it's okay.
なんて答えしか返ってこなかったら落ち込みそう。
あ、そうそう、この okay も良かったり悪かったりする言葉ですよね。

2010/04/28 (Wed) 14:26 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: 補足です

Rosilyさん、おもしろい記事だと言ってくれてありがとう!

> なんだか、分かりづらくてすみません、、、--;伝わるといいんですが、、、

伝わってます♪ それに、私は私の知り合いから言われたこの
talkative という言葉に関しては、ありがたく思ってます。
つまり、私の英語を誉めて言ってくれたのだと思うから。
ただ、あまり面識のない相手には使わないほうがいい言葉に
なるのかなとも思いました。
言葉を習うのっておもしろいですよね!

2010/04/28 (Wed) 14:22 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Rosy  

NoTitle

何度もすみません。eloquent, articulateなどの類義語を調べていたら、文語的らしいけれどsilver-tonguedというのもありました。ホント、緒方さんみたいな落ち着いた中で説得力がある話し手は何と表現すればいいんでしょうね。Emiさんはきっとコメントなどからexpressive, impassioned, powerfulなどのもっと熱っぽさを感じる形容詞がぴったりなんでしょうけど(^o^)articulateもあてはまりそう。サークル・勉強会の様子を動画で見たいものです。盛り上がるんだろうなあ。

2010/04/27 (Tue) 19:58 | EDIT | REPLY |  

Rosy  

NoTitle

緒方貞子さんの英語は聞いたことがありますが、いいなあ~と思ったのは喋り方が攻撃的でないってこと。マーシャ先生の3か月英会話を聞いていても(視聴者向けに配慮してくれているのかもしれませんが)ペラペラと速く話してない、落ち着いた話し方の人たちでした。

ネイティブが聞いたら、どういう単語で評価するのか知りたいです。eloquent, fluent, compelling,convincing,私なんかはconvincingっていいなあ~って思うんですが、それがぴたりと当てはまる単語かどうか・・・。
そう言われてみたいけど、緒方さんのような内容のある話は日本語でも出来ないからなあ(^_^;)でもweigh my wordsでいきたいとは常に思っています。

2010/04/27 (Tue) 16:15 | EDIT | REPLY |  

Rosily  

補足です

すみません、少し補足させてください。

書かれてあるように、最初は嬉しかったということはその時点で話す力がついていなかったからですよね。だから、言われて嬉しかった。でも、今ん?と思うということは、今は英語でのコミュニケーションができるまでなった(力がついた)。だから、さらに上に、、、、ということですよね、、。
talkative+中身のある内容、説得力のある英語会話、理論的に知識的に話せる英語力、、ということかな、、、。
talkative、、、、これからもそのまま素直にポジティブで受け取っていいと思いますよ。ひとつのスキルだと思います。
性格のひとつだとしても、これがなければここまで話せなかったかもしれませんし、これを含めてEmiさんっていう人なんですし、、、。今からはあこがれの彼女のように目指せばよいわけですし、、、

なんだか、分かりづらくてすみません、、、--;伝わるといいんですが、、、

では、今からレッスンに行ってきます♪

2010/04/27 (Tue) 14:32 | EDIT | REPLY |  

Rosily  

言葉としての面白さ

面白い記事ですね^^
以前から、このことに関して書きたいとおっしゃってましたもんね。
Emiさん自身もおわかりだと思いますが、他の方がおっしゃってらしたようにみんなは“英語でも日本語でも自己表現、意見、質問ができる”といった意味で使ってると思いますよ。だって、サークル内で必ずみんながスルーするところなんかもピックアップして、熱心に質問攻めにしたり(失礼!)聞いたりしてますでしょ?Emiさん^^
個人的には、会話を続けるというコミュニケーションが凄いなあというところから、使ってますけど(笑)だって、ネイティブゲスト相手に(マンツーマンでも)会話が続くんだもん、、(笑)話題探しに時折困るのに(笑)話の膨らませ方が上手だなあと、、、。

もちろん私自身もtalkativeだと言っておりますよ^^私の場合は、そのまんまです。英語のおしゃべりが好きなのです^^;

堂々としてりゃいいんです!!“はい、talkativeですが、それが何か?”って(笑)
ただ、空気が読めないtalkativeだけにはなりたくはないですが、、、

2010/04/27 (Tue) 13:55 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。