スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい人生のはじめかた





昨日観た2本目の映画。
ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソン共演の
「新しい人生のはじめかた」です。







★は、文句なく5つ!






派手なアクションもラブシーンもないのに、
魅せてくれます、この映画。




ダスティン演じるドジ男と、エマ演じるお人好しな未婚女性、
2人を見ていると、映画によくとりあげられる肉体的なつながりより、心から打ち解けて語り合える精神的なつながりも大きな意味をもつものなんだなぁと感じます。






素敵なラブストーリーでした!


O(≧▽≦)O



今回のセリフは、、、





Excuse my French.

(下品なこと言ってごめんなさいね)





次の作品は、メグ・ライアンの「明日の私に着替えたら」です。






関連記事

Comment

Rosy  

NoTitle

私もつぶやいたように昨夜見て1時ころやっと見終わりました。この映画は20代や30代で見てもあまり感じるものはなかったかもしれません。

ご指摘のようにアメリカの映画は安易にその日にすぐに関係を持ったりするので(^_^;)こういう会話を大事にするのってほっとします。現実はこんなにうまくいかないと思いますけどね。

私はそれ以外にもダスティンがおそらく自業自得だったのだと思いますが、離婚したことで子供と離れて暮らし
元妻は再婚して・・・というアメリカには多いであろう複雑な家庭環境にも注目でした。ヴァージンロードは継父と歩くからと娘に言われたときのダスティン、切ないシーンでしたね。それは仕方ないにしても教会での式で、実父なのにかなり後ろから娘を見てましたよね。離婚しててももっと前の席に座る権利がある気もしたんですが。

私はcantankerousを知らなかったので拾えて得した気分です。

2010/08/16 (Mon) 10:32 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。