スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピーキング力の伸ばし方



TAKARAさんから、コメントをいただきました。
「スピーキング力を伸ばすには、どうしたらいいか」というご質問でした。
コメント、ありがとうございます!

学習法は、1つだけに絞られるものではありません。
人によって環境も異なりますし、学習法との相性も関係します。
私の経験や感想が、どれだけ参考になるものかわからないのですが、
それをふまえて、これまで実践してきた方法をご紹介するとするならば、
英語を話す環境に身をおくということでしょうか。



実は、「スピーキング力の伸ばし方」については、
2006年に記事を書いています。
          こちらです → → → スピーキング力の伸ばし方 ~私の場合~

4年前に書いた記事ですが、今も同じ気持ちです♪



福岡にいた頃、英会話サークル「マムズ」を立ちあげました。
ネイティブ講師も招いて、意義ある時間を過ごさせてもらっていました。
既存の英会話サークルに参加するのも手ではあるのですが、
自分で発足させてみるというのも、スピーキング力向上に一役買います。
ネイティブとの交渉を自分でしないといけないので、
受身ではいられないからです。
今は本当に便利になって、自宅にいながらにしてスカイプを介し、
ネイティブと英語を話すことも可能になりました。
スピーキング力を向上させるには、まずスピーキングの機会をつくること。
それから、もう1つ忘れてならないのは、
相づちなどの決まり文句を数多く覚えるようにすることです。
そうすると、とても会話が楽になります。



「元気でしたか?」
「変わりありません」
「それは大変でしたね」
「同感です」
「冗談でしょう?」
「うらやましいです」
「今、話してて大丈夫ですか?」
「うまく説明できなくて、すみません」
などなど。。。



私は今、中国語と韓国語もあわせてぼちぼち勉強しているのですが、
決まり文句を覚えることの大切さを、痛切に感じています。
固い長いセンテンスを覚えるより、
3秒で終わるような短いフレーズを記憶しておいたほうが、
ネイティブとの会話に役立つのではないかという気すらしています。
というより、どんなに長いセンテンスが口に出せても、
相づちや挨拶がいえなければ、無味乾燥な会話になってしまうのです...。


スピーキング力を向上させるために、私が今やっていること。
できるだけ多くの「英語を話す時間」をつくる。
決まり文句を覚える。

参考になりましたら嬉しいです。


関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: スピーキング力の伸ばし方

TAKARAさん、こんにちは!

Rosyさんの素晴らしいコメント、私も勉強になりました!

>「英語力」というものは、ひとつのスケールでは計れないんだな、と最近つくづく感じています。

そうなんですよね!
私はTOEICでは、なんとかAランクに入れましたが、
児童英語にはよく出てくる単語、たとえば、「かまきり」や「まな板」「クジャク」なんて単語には???となることも多く、子どもには頼りにならないな~という目で見られます(泣)。
苦手分野はみんなにありますよね。日本語でもそうです。

> 自分にとってどんな「英語力」がほしいのか、きちんと見極めないと、英語の海原でアップアップ溺れてしまう・・・今それを痛切に感じています。

私は、1つのジャンルに絞るのも、幅広くちょこちょこ食べていく勉強法も、どちらでもいいかなと思っています。中途半端な知識で終わるかもしれませんが、とにかく「楽しく勉強する」やり方が私にはあっています。勉強を続けていけるのであれば、どんな内容を扱おうがきっと成功しますよ! ね!

> Emiさん、talkativeのことばにこだわっていらっしゃいましたが、「聞き役」にとって、いろんな話題を提供してくれる「話し役」の人は、全然不愉快ではないんですよ。

そっか...。そういう見方もあるんですね!
気が楽になります!
「赤毛のアン」のアンとマシュウの関係と同じですね!

> 私達は、耳を澄ませて、「話し役」の話すことを聞いています。それって、最高のリスニングなんですよ。

ありがとうございます!

2010/09/01 (Wed) 14:49 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

Rosyさん、貴重なご意見を本当にありがとうございました!
私の言葉が足りなかった部分を、見事にカバーしていただき、
こちらこそ勉強になりました。
これからも、ご意見をお聞かせください。
私の了見はあまりに狭く、アドバイスするのも四苦八苦です。。。
でも、こうしてご質問いただくことで、
自分を見直す貴重な機会をいただいています。
ありがたいです。

2010/09/01 (Wed) 14:40 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

TAKARA  

スピーキング力の伸ばし方

Emiさん、Rosyさん、丁寧にコメントくださってありがとうございました。
「あくまで私個人の意見ですが・・・」と前置きされていますが、実際に英語に触れて使っていらっしゃる方の、そのような生き生きした声はなかなか聴くことができません。
お二方のご意見や体験談、とても参考になりました。
英語を勉強していると、リスニング、スピーキング、語彙、文法といろんな分野に分けられているようで、また同じ英語でもビジネス英語、スラング、学術英語など、聴いてみるとお互い全く別物のような英語が話されていて、「英語力」というものは、ひとつのスケールでは計れないんだな、と最近つくづく感じています。
自分にとってどんな「英語力」がほしいのか、きちんと見極めないと、英語の海原でアップアップ溺れてしまう・・・今それを痛切に感じています。
私は話下手なので、日本人の友達と話していてもいつも聞き役です。
それはそれでいいと思っています。日本語でも英語でも、相手の話すことを自分なりにしっかり受け止めて、最後に自分の思いを凝縮させてひとこと、短いコメントができるようになることが目標です。それでもやっぱり話す練習をしなければならないことには変わりはないのですけど・・・
Emiさん、talkativeのことばにこだわっていらっしゃいましたが、「聞き役」にとって、いろんな話題を提供してくれる「話し役」の人は、全然不愉快ではないんですよ。
私達は、耳を澄ませて、「話し役」の話すことを聞いています。それって、最高のリスニングなんですよ。

2010/08/31 (Tue) 10:36 | EDIT | REPLY |  

Rosy  

NoTitle

横レスですみません、Emiさん。TAKARAさんにコメント残させてください。

TAKARAさん、ネイティブの友達って簡単には見つからないですよね。仕事で付き合いがあるとかいうなら別ですけどね。お金をかけてもいいのであれば、今はアメリカ人やイギリス人より遥かに安くフィリピンの先生からレッスンが受けられるようです。私は受けたことがないのですが、英米の先生にこだわらず出来るだけ喋りたいという人たちはそのようなオンラインレッスンを提供しているサイトを探して毎日のように話しているみたい。

でもお金をかけないほうが本当はいいですよね。お互いの母国語を教えるサイトがあると思うので、そこに登録して友達を作る手もあります。単純に友達(メル友)を探しているサイトもあるけれど、日本人と友達になりたいと登録している人は少ないです。ですから、日本が好きとか日本語を学んでいるという人たちの方が友達になってくれる確率は高いと思います。もちろん、その代わりに相手に日本語も教えてあげてギブ&テイクの関係にならないといけないでしょうけど。

決まり文句についてですが、私個人の意見ですが、これはもういろんな英語に触れる中で見つけていくしかないと思います。それで「ああ、このフレーズはあの本にもあった」「あの映画でも使われていた」ってことになっていくんだと思います。もちろん「決まり文句」というのをタイトルに入れた本も出ていますから、それを見るのも手です。ただ、Emiさんも似たようなことを書いていますが、使ってみたらネイティブに「そんなこと言わない」とか「古い表現だ」と言われることもあります。本に書いてあることがすべて正しいわけでもないでしょうし、逆に「そんなこと言わない」と言ったネイティブの語彙が少ないという可能性もあります。NHKのラジオ講座「ラジオ英会話」に出てくる単語やフレーズに関しては、テキストに「イディオム」などと書いてあったり、講師の遠山先生が「決まり文句です」と言ってくれたりします。私はそういうフレーズを拾ってノートに書き留めて、何かの機会に使うことで覚えています。まずは出来る範囲でたくさんの英語を読んで、使えそうなものを記録しておくのがいいかもしれません。ノートに書かずにブログに残している方たちもいます。

NHKの講座に関してはネットで各番組で取り上げた重要表現が見られますし、前の週の放送が期間限定ですが聴けます。
http://www.nhk.or.jp/gogaku/english/kaiwa/index.html
すでに御存じで実践中だったらゴメンナサイ。

Emiさん、済みません、図々しく。あくまで私の経験なので、これじゃなければいけないってことは絶対にありません。御自分に合うやり方ってものが必ずあるはずですから。ちょっとだけ参考にでもなれば。

2010/08/30 (Mon) 21:36 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: スピーキング力の伸ばし方

TAKARAさん、あくまで学習者の意見ですが、参考にしていただけたら嬉しいです。

> 過去に同じタイトルの記事を書かれていたのに、それを知らずにすみませんでした。

いいえ! とんでもありません(^^)

> ネイティブスピーカーでなくても、まじめに英語と向き合う日本人の英語学習者とお話できればいいな、とお友達探しをしています。なかなか見つかりませんが・・・

スカイプでお話されたことはありますか?
また、市町村で企画運営されている英会話講座などあれば、
そこが英会話サークルをスタートさせるきっかけになることもあります。

> 「決まり文句」を覚えるということに関してもうひとつお伺いしたいのですが、
> 「決まり文句集」のようなフレーズ集を使われましたか?

いいえ、使ってみたことはないです。

> それとも映画がお好きだということなので、映画をみて決まり文句のようなセリフを拾って覚えていかれるのですか?

そのほうが、断然多いです!

> 決まり文句かどうかということは、勉強を続けていれば、感覚的に判ってくるものなのですか?

決まり文句かどうかは、英語を話す機会が増えてくるとわかるようになるものだと思っています。私も何度もネイティブとの会話で、居心地の悪い沈黙を経験しました。そのたびに、「ああ、あのときは、こんな風に切り出せばよかった」と後悔しました。
英語の会話だろうが、日本語の会話だろうが、
私達は相手の言葉に反応します。
その反応の言葉を覚えておくと、話し手は話題を発展させてくれるし、
こちらも居心地のよい会話を楽しめるのではないかと思います。

日本語の会話ででもよく使われるような表現は、
英語で話していても、とても役に立ちます。
相手の言葉に共感したり、反対したりする表現がいい例です。
「私はそうは思いません」
「それはいい考えですね」
「ところで、話は変わりますが」
「それで思い出しました」
「ちょっと質問しても良いですか」
「こんなことを聞くべきではないかもしれないけれど。。」
「個人的な質問をしてもいいですか」
などなど、本題とはちょっと違う3秒程度の前ふり表現は、
どれだけ覚えていても邪魔になりません。

また、質問の表現を覚えるのも、会話をスムーズにするコツです♪
相手の予測不可能な質問に答えるより、
こちらから用意した質問をするほうが、うんと楽ですものね。


2010/08/30 (Mon) 21:05 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

TAKARA  

スピーキング力の伸ばし方

Emiさん、ありがとうございました。
過去に同じタイトルの記事を書かれていたのに、それを知らずにすみませんでした。
4年前のと、今回のと、2つの記事を読めてとても参考になりました。
話す機会をつくる、ということは絶対必要だと思うのですが、田舎に住んでいると英語学習者に出会うことも稀で、以前末日聖徒イエス・キリスト教の宣教師がやっている無料の教室に顔を出したら宗教の勧誘をされました。たぶん英会話は口実で、信者を増やしたいんだな、という印象をうけたので、やめました。
ネイティブスピーカーでなくても、まじめに英語と向き合う日本人の英語学習者とお話できればいいな、とお友達探しをしています。なかなか見つかりませんが・・・
「決まり文句」を覚えるということに関してもうひとつお伺いしたいのですが、
「決まり文句集」のようなフレーズ集を使われましたか?
それとも映画がお好きだということなので、映画をみて決まり文句のようなセリフを拾って覚えていかれるのですか?
決まり文句かどうかということは、勉強を続けていれば、感覚的に判ってくるものなのですか?

2010/08/30 (Mon) 15:38 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。