スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て英語ママの苦悩




「もう、本当にガッカリしました!」





友人からのメールでした。
お子さんが通っている小学校で英語教育の研究発表会があり、
彼女は意気揚々と出かけたのだそうです。
そして、そのあまりのレベルの低さに、びっくり。
彼女の息子さんは、幼稚園から英語を主とする生活を送っていました。
児童英検も積極的に受験、ネイティブとのレッスンも受けていたのです。




「授業がつまらなくて。
公立小学校の英語って、こんなに遅れているんですね。
幼稚園より、レベルが低いです。
発音も日本語英語で、授業を受けさせたくないです」






実は似たような話、別の友人からも耳にしました。
彼女の娘さんは、公立中学校に進学するのをためらっています。
アルファベットや挨拶など、また基礎から勉強することになるのかと思うと、
英語の授業がつまらなく思えてくるのだそうです。
ちなみに、彼女の娘さんはネイティブと自然なスピードで会話ができます。




Tom's World  クロスワード&ピクチャーワークブック 全7冊フルセット(児童英検対策や小学校での英語ノートに基づく教材としてピッタリ)Tom's World クロスワード&ピクチャーワークブック 全7冊フルセット(児童英検対策や小学校での英語ノートに基づく教材としてピッタリ)
()
英語カード.com

商品詳細を見る




英語は、早くから勉強しておいたほうがいい。
リスニングや発音の観点から、よくそう言われますが、
日本の教育に受け皿がないのに、理想ばかり口にしても仕方ないですよね。
幸か不幸か、わが家の娘は、問題なく公立中の英語教育になじみそう...。
子育て英語ママの苦悩、今の公立学校では解決しそうにないのかも。






関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: NoTitle

maciさん、ありがとうございます。
まず、「そのとおりです」★
私は自分自身の子どもの英語教育に無関心なダメ親です。

> 一歩引いて見ているように感じたのですが・・・。
> いかがでしょうか?

maciさんの洞察力、すばらしくて怖いです。


> たくさんの教師の中には、ニュースになるような事件を起こす人もいるので、100%信じろというのもまた難しい気もするのですが、親も子どもも、教師の資質や授業に文句をつけるのは、良くないと思うのです。

おっしゃるとおりです!
「ダメな先生だ」と親から言われた先生を信じてついていく子どもなどいません。
親は、そのような発言をするべきではありません。
私の友人も、そのようなことをしたわけではありません。
誰にも言えずに、胸にしまいこんで、
「それでも誰かに言いたくて」私にメールをくれました。
そんな彼女を代弁したつもりが、傷つける形になって反省しています...。


> 知人の娘のケースで言うと、その先生は発音が良くないかも知れないけれど、ネイティブの発音だけが、英語の全てでもないように思うのです。

そのとおりです!
先生が英語を勉強されている姿勢を続けておられるなら、
これは素晴らしい英語教育になると私も思います。


> 私も子ども達には、常日頃から英語に触れさせたいと思っています。
> 英語以外でも、学校でまだ習っていないことも家でやってみたりすることもあります。

maciさん、教育は本来、家庭でするものなんですよね!
実践しておいでなんですね!
それと引き換え、私ときたら...。


> その時に必ず子どもに伝えるのは、「もし、この後に、学校で同じことをやったとしても、僕知ってる!そんなの知ってる!とか、他の子ども達が嫌な気持ちになるようなことは絶対に言わないこと。そして、先生には先生の教え方があるから、新しい気持ちで先生のお話を聞くこと。」と言っています。

maciさんのお人柄を感じます。
お子さんも、きっと素晴らしい大人になられるでしょうね!


> Emiさんの記事を読んでいて、学校の授業を批判するメールに、同調しているようには受け取れなかったので、コメントを入れてみました。

ありがとうございます!
自分の日本語力を怪しみかけていたところだったので(苦笑)、
私の真意を受け止めてくださっていたことを知って安心しました!

2010/10/25 (Mon) 10:19 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

トーマスさん、まず友人の名誉のために言わせてくださいね。
私の友人は、当該小学校や教師に授業内容について文句を言ったり、
「なんとかしなさい」と改善を求めるような真似はしていません。

> そう思われるのならば、どうぞお金をかけて、満足のいく私立へ通わせればいいじゃないですか。

ある意味、おっしゃるとおりだと思います。
友人の1人は私立への進学を検討中だと聞いています。
ただ「出て行け」という考え方では、教育は進歩しないでしょう。
私はそのような考え方は、1つの解決策にはなるでしょうが、
あまり好きではありません。

トーマスさんは、おそらく公立学校の英語教育に携わっておいでの方と思います。
私も以前は公務員でしたから、公務員バッシングの内容には、
未だにデリケートになります。
人間は、自分の立場でものを見がちです。
私も働いていた時は、専業主婦を苦々しく見ていました。
立場が変わった今では、専業主婦を援護する見方をついついしてしまいます。
トーマスさんが、もし公立学校で英語を教えておいでなのだとしたら、
私の友人の意見は、『保護者の意見』として、突っぱねてしまうことなく、
ぜひ受け入れていただきたいと思います。
気に入らなければあっちに行け!では、何の解決にもなりません。


> 親が教育熱心でネイティブと普通に会話ができるように育てられた子はいいでしょう。
> でも世の中、そんな家庭がどれくらいありますか?

児童英語教育に親しんでいるお子さん全員が、
すべて、お金をかけてもらって勉強しているわけではありませんよ。
ネイティブに習っているわけでもありません。
私の友人の1人は、自分で英語を子どもさんに教えています。
発音は思い切り日本人のそれであっても、
彼女はCD(100円ショップで購入)のネイティブの声を聴かせたり、
レンタルビデオでDVDを借りたり、
アルファベットを身近なものにしたりなど、
上手に英語を生活にとりいれておられます。
生活が苦しい、塾に通わせられない、という問題より
単に(私のように)子どもが英語に親しむ努力をしてこなかった
それだけのような気がします。

> 生活するので精一杯な家庭、気持ちはあってもなかなか子どもに手をかけられない家庭、そんな家庭の子どもたちを無視して、恵まれた家庭で英語教育を受けてきた子たちに焦点をあてた英語教育を、公立学校ですることが正しいのでしょうか?

子どもを無視する? そのような言葉は、ひと言も発していませんよ。
実に極端なご意見です。
公立学校は、すべての子どもに開かれてしかるべきです。
私が記事の中で申しあげたかったのは、
小学校の英語教育には見直しの必要性を感じるということです。


> 公立では基礎基本を大事にします。基礎から英語教育をするのは当たり前ではありませんか?

小学校の国語の授業、ご覧になられたことがありますか。
幼稚園ですでに「ひらがな」をマスターしている子、読める子がいます。
「これが あ ですよ。これが い ですよ」
と書き方を習う授業は、とても退屈そうです。
先生はもちろん、教科書にそった授業をされます。
当然のことです。
でも、先生が教科書の学習順序に固執しすぎるなら、
それはとてももったいないことだと私は思うのです。
公立小学校は、もちろん「公平」でないといけません。
塾とは違います。
でも、教育をする立場である以上、
もっともっと習いたいと感じている子どもの好奇心を無視するのも、
私はおかしいんじゃないかと思うのです。

たとえば、中学校の英語のテストで、
I'm willing to help you.
という回答で、×をもらった子がいました。
「どうして間違いなのですが?」と、その子が教師に尋ねたところ、
「まだ習っていないから」と答えが返ってきたそうです。
習っていないことを知っていた、誉められていいはずの頑張りなのに、
その子の努力やレベルを無視した、実におかしな教育だと思います。


格差をつくれということでは、ありません。
ちょっとした言い方の違いで誤解されてしまう、これは微妙な問題ですね。


> 人それぞれ考え方はありますが、英語ができる子どもたちの立場からだけの考えで、公立学校の英語教育はダメだ、受けさせたくない、とネットで言ってしまうのはどうなのでしょうか。

私の友人は、当該学校を名指ししたわけではありません。
当該教師を中傷したわけでもありません。
日本の教育について、保護者が保護者として意見を述べるのは自由であるべきです。
受け入れられようと、受け入れられまいと、
「ここはよくない」と発信するのは、自由であるべきです。
特定団体や個人を叩くような内容では倫理を問われますが、
大きな国の方針やその体制については、ネットであろうと新聞であろうと、
口頭であろうと私たちは声を大にして意見を言うべきです。
それが、今の日本のいいところではないでしょうか。


> 公立の先生たちだっていろんな先生がいます。
> 努力していい授業をしようとしている先生だってたくさんいらっしゃるでしょう。

努力に終わりはありません。
努力しているからいいではないか、という問題でもありません。
不満の声が出ている以上、「なんとかしよう」と思っていただかないと
いつまでたっても解決にはなりません。

日本語を母語とする子どもに、「はじめての英語」を教えているのです。
責任はあります。
自分の英語を磨く努力は、当然のことです。

私の友人は英語を子どもに教えていますが、ご自身も切磋琢磨して
日々勉強しています。

1人は「このレッスンでいいのだろうか、この教材でいいのだろうか」
試行錯誤しながら、悩みながら、高みを目指して頑張っています。

1人は「この学習内容でいけば、ぜったい英語をマスターできる」
自信をもって教えておられます。
ご自身も英検1級をめざし、努力しておられる方です。

1人は、教えている生徒さんが全国スピーチコンテストで優勝するなど
見事な成果を出しています。
10年以上も彼女の教室に通っている生徒さんがいることをみると、
いかに彼女の英語教育が魅力的なのかわかります。


だって努力しているから、公立小学校だから、ではなく、
教育者である以上、(生徒が多くて、たとえ実践が難しくても)
子どもの可能性を伸ばしていく姿勢を目指すべきではないでしょうか。

「公立小学校に通わせたくない」という意見に付随した保護者の希望、
公立小学校に対する期待に触れることなく、
痛みを痛みでかえすコメントの内容には、少し不満を覚えました。


> 誤解をまねくような、一方的な言い方をされると、とても悲しい気持ちになります。

JIKAの緒方貞子さんが、以前CNNのインタビューでこう語られていました。
今の小学校英語教育など、that's nothing だと。
緒方さんのような実績のある方の意見は、おそらく受け入れられやすいのでしょう。
私のような一主婦が意見を述べても、批判されてしまうのです。
でも、それでも、中傷や誹謗でない限り、私は意見は述べてOKだと思うのです。


2010/10/25 (Mon) 10:06 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

maci  

NoTitle

[子育て英語ママの苦悩]というタイトルですが、私には、Emiさんが、その苦悩に共感しているというよりは、一歩引いて見ているように感じたのですが・・・。
いかがでしょうか?

知人の娘さんが、小さい頃から英会話教室に通っています。中学校に入ったときに、「学校の英語の先生は、発音が悪いから授業を受けたくない。」と言っていました。そしてそれに親が同調し、かばうような発言をしていたのを聞いて、私はとても嫌な気持ちがしました。

まず、子どもは、学年が大きくなるにつれて、世の中の大人。そして身近であり大人の象徴的な「親」や「先生」を批判するようになります。
中学生はちょうどその時期ではないかなと思います。
たくさんの教師の中には、ニュースになるような事件を起こす人もいるので、100%信じろというのもまた難しい気もするのですが、親も子どもも、教師の資質や授業に文句をつけるのは、良くないと思うのです。

授業をしている教師をバカにする子ども。そしてそれに同調する親がいたら、授業がまとまるわけはないと思うのです。
授業がまとまらなければ、他の子どもにも迷惑がかかります。
先生の授業を真剣に聞きたいと思っている子どもがたくさんいたとしても、そういうしらけた雰囲気はすぐに広がるものです。

知人の娘のケースで言うと、その先生は発音が良くないかも知れないけれど、ネイティブの発音だけが、英語の全てでもないように思うのです。
英語を話す人はたくさんいて、発音も様々だと思います。
日本人でも、英語を使って仕事をしている人はたくさんいますが、発音がきれいな人ばかりではないと思うのです。いわゆる「日本人らしい発音の英語」でも立派にコミュニケーションをとってる方がたくさんいると思うのです。
その方々のほとんどが、ご自身で仕事のために努力して大人になってから英語を身につけられた方がほとんどではないかと思うのです。

そういう方々を、子どもの頃から恵まれた環境で英語をやってきた人たちが、バカにする世の中になってほしくないと思います。

私も子ども達には、常日頃から英語に触れさせたいと思っています。
英語以外でも、学校でまだ習っていないことも家でやってみたりすることもあります。
その時に必ず子どもに伝えるのは、「もし、この後に、学校で同じことをやったとしても、僕知ってる!そんなの知ってる!とか、他の子ども達が嫌な気持ちになるようなことは絶対に言わないこと。そして、先生には先生の教え方があるから、新しい気持ちで先生のお話を聞くこと。」と言っています。

学校以外で、親や子どもが、必要だと思う分野を勉強するのは自由ですが、そちらで得た内容や考えを学校にそのまま持ち込むのは、周りにとても迷惑だと思います。
世の中の英語に対する熱が高まって、それによって学校の英語授業内容がどんどん良くなるのであれば、それは良い事だと思うのですが。

長々と書いてしまいましたが・・・
やはり思いを書くのって難しいですね。
会話なら、相手の意見を聞きながら、考え直したり、補足したりしながら、進めていく事ができるんですけれどね。

Emiさんの記事を読んでいて、学校の授業を批判するメールに、同調しているようには受け取れなかったので、コメントを入れてみました。

2010/10/25 (Mon) 10:05 | EDIT | REPLY |  

トーマス  

NoTitle

親が教育熱心でネイティブと普通に会話ができるように育てられた子はいいでしょう。
でも世の中、そんな家庭がどれくらいありますか?

生活するので精一杯な家庭、気持ちはあってもなかなか子どもに手をかけられない家庭、そんな家庭の子どもたちを無視して、恵まれた家庭で英語教育を受けてきた子たちに焦点をあてた英語教育を、公立学校ですることが正しいのでしょうか?

公立では基礎基本を大事にします。基礎から英語教育をするのは当たり前ではありませんか?


人それぞれ考え方はありますが、英語ができる子どもたちの立場からだけの考えで、公立学校の英語教育はダメだ、受けさせたくない、とネットで言ってしまうのはどうなのでしょうか。

公立の先生たちだっていろんな先生がいます。
努力していい授業をしようとしている先生だってたくさんいらっしゃるでしょう。

誤解をまねくような、一方的な言い方をされると、とても悲しい気持ちになります。

そう思われるのならば、どうぞお金をかけて、満足のいく私立へ通わせればいいじゃないですか。

2010/10/24 (Sun) 21:57 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。