スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例の話題作





発売と同時に、いえ発売前から注目を集めていた彼の話題作、





KAGEROUKAGEROU
(2010/12/15)
齋藤 智裕

商品詳細を見る


...アマゾンで今、すごいことになっていますね。
本を書けば、必ずレビューというものがついてきます。
作家にとっては「ありがたい」ものも「わかってない」ものもあるはずです。
自分を表現するために始めたであろう創作活動というもの、
意外になかなかストレスがたまる労働なんだろうなと思います。
食べていかなければいけないですしね。






先日、主人がこの本を買ってきました。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る


私も読んでみましたが、半分ほど読んでやめてしまいました。
難しい言い回しがなくて読みやすく、すごいスピードでページが進むのですが、
小説...というのでもなく、専門書...というのでもなく、
マネジメントにさほど関心がなかった私には、ちょっと飽きがきてしまって。



この2冊の本の影響か、面白い日本語の小説を読んでみたくなりました。
何かないかな。




関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: 昭和に書かれたのがお薦めです

五月晴さん、こんにちは!
ご紹介いただいた獅子文六という作家のことは、知りませんでした。
試してみたいと思います。ありがとうございます。
私も歴史者が大好きです。
昔の物語も、日本語を深く味わうことができて良さそうですね。
私は「あんじゅと厨子王」のオリジナルである「山椒大夫」を読んだとき、
こんな物語だったのかと、大きな衝撃を受けました。
日本人の知らない素晴らしい日本文学、たくさんたくさんありそうです。

2010/12/20 (Mon) 13:39 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: サークル頑張ってください!

あやさん、ありがと~~~。
綾さんが今までマムズに参加されなかったのが、不思議なくらいです。
せっかくの素晴らしい英語力、ぜひぜひ発揮なさってください。
英語が聴くことも大事ですから、
きっと素晴らしい2時間になると思いますよ!

>  面白い小説、えみさん東野圭吾は読んだことありますか?私は「秘密」「容疑者xの献身」なんかお勧めですよ~♪文庫本でたくさん出てるし、図書館にもきっとありますよ。

ありがとう!
先日、お勧めの2冊を買って来ました! 今ハマっています(笑)。

2010/12/20 (Mon) 13:29 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Rosy  

NoTitle

映画も本も好みは人それぞれで、私など多くの人が「よかった~」って評価した、それも賞までもらった映画が好きになれなかったりするので、これがお勧めです!って書くつもりはありません。
ただ、私自身が読んでよかったなあ~と思うのは
、小川洋子の「博士の愛した数式」、角田光代の「八日目の蝉」です。東野圭吾は人気ですね。読んだことがあるのは、私にしては珍しく映画から先に入った「容疑者Xの献身」と「手紙」です。
どうも1つに集中出来ない性質で、併読することが多いし、挫折もたくさんあります。今は犯罪ものの、ジェフリー・ディーヴァー「ウォッチメーカー」の翻訳本とこのブログで取り上げられている「例の話題作」(笑)を読んでいます。他には洋書が1冊中途です。CNNのキャスターの戦場や被災地のルポを原書で読んで、現実の厳しさを知ったあとで、なかなかお気楽なフィクションに移行できず困っています。日航機墜落事故の遺族の方が書いた「御巣鷹山と生きる」も買ってあるのですが、ちょっと気持ちがついていかないかもしれなくて手をつけていません。

週末は夫と「最後の忠臣蔵」を見て、切なさでまた気持ちが落ち込んでしまいました。「武士の家計簿」にしておけばよかったかも(>_<)でもいい映画でした。クリスマス前に頑張って這い上がろうと思います!

読みかけの雑誌や学習書を入れるといかに自分がいい加減かに気がついて反省ですv-40
東野圭吾の本、面白かったら紹介してください。

2010/12/20 (Mon) 13:20 | EDIT | REPLY |  

五月晴  

昭和に書かれたのがお薦めです

日本人はとかく少し前の文化を振り返らず、みすみす捨ててしまっていると思っていて、Emiさんは知ってるかな? 獅子文六という当時は大変に有名なユーモア作家がいました。いまでもたまに雑誌のサライやクロワッサンでは話題になることがあります。
お薦めはなんといっても「悦ちゃん」と自伝の「娘と私」「父の乳」です!有名なのは「てんやわんや」「自由学校」など…
無条件にいい展開だし、昭和の全うな日本人の話し口調を味わえます。埋もれているのが本当に惜しい人です。(映画などに結びついた大衆文学だとみなされたからか、文壇や賞と無縁だったから)なので数年前に評伝を出した方やお手伝いさんだった方のもあります。
とにかく読んでみてほしいお話です。エッセイも味わい深いですよ。大きい図書館なら書庫にあります。

あと私は市井もの・江戸の時代物(歴史小説ではなく)が好きで、吉川英治や富田常雄の姿三四郎もなかなかです。

2010/12/20 (Mon) 10:28 | EDIT | REPLY |  

あやさん  

サークル頑張ってください!

 えみさん、英語の森ではお世話になりました。
佐賀でも英会話サークル始めるんですね!!すごいな~。応援してます!!
 1月からマムズに参加してみようと考えてますが、ついていけるかどうか。。。正直まだまだなのですが、皆さんの素敵な表現を聞き取れるようになって、あわよくば、少しでもまねできればとおもってます。
 面白い小説、えみさん東野圭吾は読んだことありますか?私は「秘密」「容疑者xの献身」なんかお勧めですよ~♪文庫本でたくさん出てるし、図書館にもきっとありますよ。

2010/12/18 (Sat) 20:15 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。