スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英文添削なんてできるの?





話せるようになるのが私の英語学習の目的ではあるものの、
もちろん、それなりに書けるようにもなりたいので、
相互に添削しあう lang-8 というサイトにはお世話になりっぱなしです。
英文日記を投稿するようになって、友達もできました。
私の英文を熱心に添削してくれる常連さん(?)も増えてきて、
とてもとても助かっています。



でも、ときどき「あれ?」と思う添削がきたりすることもあります。
見てみると、英語を母語としないお国の方からの添削だったりします。
中国の方だったり、韓国の方だったり、英語を勉強中のインドの方だったり。
せっかく戴いた添削に対し、失礼なことだとわかっているものの、
「ありがたいような、迷惑なような」
複雑な心境...。
だって、時々明らかに勘違いしている添削や、
文法が怪しいものがあったりするから。
素人の「添削」なのですから、仕方ないのですが



文章の添削って、本当に難しい。
娘の日本語の作文ですら、添削には一苦労します。
私の文章に変えてしまうわけにはいかないし、オリジナルを活かしながら、
かつ、より良いものにしていく作業って、そう簡単なことではありません。


英語を母語としている人ですら、きっと英作文には四苦八苦したりするでしょう。
英語を勉強中の人が、同じく勉強中の人の英文を添削してはいけないなんて、
そんなことを言うつもりはないのだけれど、
でも「私も勉強中です」というひと言は付けておいた方がいいんじゃないかなと思ったりします。
自分の英語が完璧だと自信があるならば別だけれど、間違いを間違いと知らずに教えてしまうのは怖いですから...。


かくいう私も、実は英語学習者の方の英文を添削してたりします(苦笑)。
でも、もちろん自分の英語力は承知してますので、
添削を頼まれるたび言い訳がましく付け加えてます。
「私の間違いに気づいたら、どうぞ教えてくださいね」
逃げ口上であることは承知の上で...。
人の英文を読んだり添削してみたりするのは、
実はかなり興味深い勉強法です。
文法書もよく読み返すようになりますし
でも、やはり添削のプロではないことは相談者には伝えておかないと
な~んて、私は思います。



関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: 感動の御裾分け。

Hiroさん、Lang-8本当に頼りになります。
英文日記はこちらを主流にしようと思っています^^

2011/04/09 (Sat) 23:50 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Hiro  

感動の御裾分け。

Lang-8ってすごいですね。
Emi さんが話題にされていたことを思い出して、
今日Lang-8でフランス語の添削をお願いしました。
英語はカナダのオンライン友達に直してもらえるのですが、
フランス語はこれまでずっと直してもらったことが無かったので、今回フランス人に添削頂けて感動の極みです。
間違えを直して貰えると、モチベーションが高まりますね。自分はまだまだだって実感します。
素敵なサイトを教えて頂きありがとうございました。

2011/04/01 (Fri) 17:26 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

ATさん、こんにちは!

> 「英語ネイティブだから」という理由だけで、英語の添削がプロ並みにできると思い込んでいる人多いようですよ。

う~~~ん、私の日本語の添削も結構怪しそう。
でも、日常会話としてのレベルでしたら力になれそう。
どの程度突っ込んでいったらいいのか、難しいところですね。

> 最近は外出するたびスペルや文法のミスを発見しています(イギリス在住です)。「日本人の私のほうが英語書けるじゃん」とあきれることも。

ネイティブの中には、突っ込んで質問すると
「そんな細かいこといいじゃん」と言って交わす人もいますしね。。。

2011/01/26 (Wed) 16:03 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: 複雑ですよね

motokoさん、こんにちは!

> 少しでも正確な英語を書きたい、話したいと思う日本人学習者とお互いに外国語の学習を通して仲良くなろうという外国人学習者の温度差を感じました。
> その両方が大切なのはわかっているのですけれどもね…

おっしゃるとおりだと思います。
しっかりきっちり勉強したい気持ちと、ちょっと教えてあげよっかな~という気持ちにも真剣度の違いを感じたりします。私としては、母語でもない外国語を添削してあげようというその勢いには圧倒されます。私なら絶対にできないです。。。

2011/01/26 (Wed) 16:01 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

AT  

NoTitle

「英語ネイティブだから」という理由だけで、英語の添削がプロ並みにできると思い込んでいる人多いようですよ。それと、「意味さえ通じればよい」と開き直る人もいるし。

最近は外出するたびスペルや文法のミスを発見しています(イギリス在住です)。「日本人の私のほうが英語書けるじゃん」とあきれることも。

2011/01/11 (Tue) 23:00 | EDIT | REPLY |  

motoko  

複雑ですよね

以前こちらのブログでLang-8の事を知り、私もずい分お世話になっています。

英語が母国語でない方 からの添削、複雑ですよね。添削が1件も入っていないと、フレンドさんが同情?して添削してくれたりするので、「添削1件」と表示されるだけでも打撃です。

でも、以前そのテーマで日記を書いたら(もちろんソフトに)、ここはコミュニケーションの場だからそれもOKとか、内容に拘わらず添削者には感謝しようなどのコメントが続きました。

少しでも正確な英語を書きたい、話したいと思う日本人学習者とお互いに外国語の学習を通して仲良くなろうという外国人学習者の温度差を感じました。

その両方が大切なのはわかっているのですけれどもね…

2011/01/10 (Mon) 09:15 | EDIT | REPLY |  

Rosily  

私も経験ありますよぉ T T

私も、以前イタリア国籍の方からの添削で“なんじゃこりゃ!?”という添削をされたことがあります^^;明らかに文法や私の意図としている内容は無視したものでした。
その直後、いつも添削してくれているオーストラリアの方から“この添削は無視して。文法もめちゃめちゃだし、英語理解力は低いから”と^^;(←かなりはっきり書かれてあったので、こちらもびっくりしましたが)

日本語でもそうですが、地方によっても人によってもいい方や表現の仕方が違うのと同じで、ネイティブでもノンネイティブでも“腹八分目”の受け止めにしています。勿論、明らかな文法のミスやへんてこりんな表現の添削は学んでいますが。

2011/01/09 (Sun) 09:59 | EDIT | REPLY |  

Hiro  

NoTitle

TOEIC870点の人の英文を添削するって畏れ多いですねw

2011/01/09 (Sun) 07:39 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。