スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒアリングマラソンのマンスリーテスト



ヒアリングマラソンを受講すると、マンスリーテストというのがついてきます。
TOEICにちょっと似た形式のリスニング問題を解くのですが、
TOEICと同じように「音声は1回だけ聴く」という決まりがあります。




8月号の課題、しっかり決まりを守って提出しました。
結果は...22/26点。


ちょっと、ちょっと。4問も落としたの!?


解いているときは「結構カンタンかも」なんて思っていたくせに、
自分のリスニングの曖昧さが露呈されてしまった。
精聴ができていないんですよね。
聴いたつもり、わかったつもりになっている。
これって結構ネイティブとの会話でも体験することで、
上級レベルの英語学習者になるためには、この「つもり」を克服しないとダメかも。



英語リスニングに強くなる―精聴の基本プロセス15 会話・ニュース・物語を聴きこなす英語リスニングに強くなる―精聴の基本プロセス15 会話・ニュース・物語を聴きこなす
(2005/03)
小宮山 貴教

商品詳細を見る



関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。