スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語で楽しむ「里見八犬伝」




信じられない嬉しい発見。
生まれて初めて映画館で観て、生まれて初めて英語の歌をディクテーションした、
記念すべき映画「里見八犬伝」が、なんと英語で楽しめる!





英語で観る「里見八犬伝」はまた格別。

薬師丸ひろ子さんの吹き替え、う~ん、まあいいでしょう。
でも、真田広之さんを演じた声優さんの声、ちょっと合わないわ...。
こんな、酸いも甘いも噛み分けたようなオジサマの声では、
八犬伝ファンとして納得できません!



ストーリーを知っているおかげで、英語の台詞がとても聴きとりやすい。


Why did you help me to escape?
(なぜ、私を助けた?)

Why did you come with me?
(なぜ、俺についてきた?)

I don't believe you're a really wicked man.
(あなたが悪い人だとは信じられない)

You must tell me, did you kill him?
(言って、彼を殺したの!?)

The evil mark is gone!
(邪悪な印が消えてる!)


わかる台詞があると、映画も余計に面白い。
日本映画で英語をリスニング学習するというのも、楽しい学習法かも。
ただ、オリジナルの作品を知っているだけに、あれ?と思う場面もありはします。
たとえば、真田さん演じる親兵衛。
彼は「忍者」になりたくて静姫をさらおうとしたのではありません。
また、静姫を追っているのは、忍者ではなくて武士です。侍です。
英語の台詞で何度も「ninjya」が連呼されるから、
ついつい突っ込みたくなってしまいました。
日本+時代劇=忍者 って方程式があるのかなぁ。
それにしても、本当にこの頃の真田さんは綺麗。
今は大人の男性の貫禄があって、それもとても魅力的なのだけど、
若いからこそ滲み出てくる「色気」みたいなものがあって、
「里見八犬伝」時代の真田広之さんは特に好きです。

志穂美悦子さん演じる毛野の歌声は、オリジナルそのままになってます。
オリジナルの「里見八犬伝」を残したまま、上手に英語版にしてあるなぁと、
ちょっと嬉しく思いました。


チュモンみたいに恰好よく弓を構えてくれた薬師丸ひろ子さんの演技、
当時まだ十代だった薬師丸さんの初々しさが素敵な作品です。
ラストシーンは、熊本の阿蘇山で撮影されたんですよね(確か)。
馬術の練習も相当こなしたと、当時映画雑誌で読みました。
私の青春と言えば、薬師丸ひろ子さん☆です。


Legend of Eight Samurai [VHS] [Import]Legend of Eight Samurai [VHS] [Import]
(2003/07/29)
Hiroko Yakushimaru、Hiroyuki Sanada 他

商品詳細を見る

おや、まあ、時代を感じさせる商品の規格...。
DVDはないのかな?


真田広之さんのイメージを崩さないで楽しみたいなら、やはりこれ!


里見八犬伝 デジタル・リマスター版 [DVD]里見八犬伝 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2011/06/24)
薬師丸ひろ子、真田広之 他

商品詳細を見る

「星よ、導きたまえ」
深夜のラジオ放送で流れた薬師丸さんの声にうっとりしていた頃を思い出します。



映画の原作はご存じ、滝沢馬琴ですよね。

南総里見八犬伝〈第1の物語〉妖刀村雨丸南総里見八犬伝〈第1の物語〉妖刀村雨丸
(2002/03)
滝沢 馬琴、浜 たかや 他

商品詳細を見る

時代劇の中の時代劇。
読まれたこと、ありますか?




関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。