スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにハリポタを読んでみた




Harry Potter and the Chamber of SecretsHarry Potter and the Chamber of Secrets
(2002/10/07)
J. K. Rowling

商品詳細を見る



久しぶりに、ハリポタを本箱から引っ張り出して読んでみた。
やはり、おもしろい。
以前にライティングを教えてくれたアメリカ出身の先生が、
「ローリングさんの文章は学ぶに値する」と言っていたっけ。
確かに彼女の表現は個性的で、オシャレで、ユーモアがある(ような気がする)。
だからこそ、面白いものに素直に反応する子ども達の心を奪ったのだ。






「人の波を押しのけながらやってきた」

 → He came shouldering his way through the crowd.



こういう文章が目にとまると、ため息が出てしまう。
自分ではなかなか書けない文章。
かっこいい文章。
いい英文を書くためには、いい英文をたくさん読まなければと思う。
ハリポタが1巻からずっと7巻まで、毎年順に書店に並んでいた頃は、
私も今と比べると相当の量の英文を読んでいた。
なのに、今じゃもう...。
ライティングの先生に叱られそうだ。




ハリーポッター ハーマイオニー専用魔法の杖レプリカハリーポッター ハーマイオニー専用魔法の杖レプリカ
()
ノーブルコレクション

商品詳細を見る




ハリポタ以外の洋書は、今はちょっと読む気になれない。
あらすじがわかっているお話だからこそ、腰を据えてじっくり英文を読めるというもの。
またハリポタ熱、燃やしてみようかな。




ハリポタに関するブログ、書いています。。。


            → 「ハリー・ポッターで English Time」


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。