スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画で英会話 「インセプション」




インセプション [DVD]インセプション [DVD]
(2011/07/20)
レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙 他

商品詳細を見る




Once an idea has taken hold of the brain, it's almost impossible to eradicate.

(1度アイデアに乗っ取られたら、それを削除するのは不可能に近い)



意訳しちゃってます...。


inception ... 始まり、開始
take hold of ... 支配する
eradicate ... 撲滅する、根こそぎにする






この映画、ディカプリオと渡辺謙の共演ということで話題になりましたね。
斬新な映像も次世代の「マトリックス」を思わせる素晴らしさでした。
でも、私個人の意見としては「マトリックス」を超えることはできなかったかな。
そう思わせた原因は、難解なストーリー展開にあるように思います。
とにかく、「???」の連続なのです。
いったい自分がどの登場人物を追いかけているのか、
どの視点で物語を見ていけばいいのか、
第三者として鑑賞すべきなのか、
ちっともわからない。
ストーリーが始まってすぐからエンディングを迎えるまで、いえ、迎えても、
なんだかモヤモヤしっぱなしでした。
このような体験は、ケイト・ウィンスレットとジム・キャリーが共演した
「エターナル・サンシャイン」を観て以来です。
ただ、「エターナル...」の場合は、2回3回と繰り返し作品を見ていくうち、
難しかった時系列の謎が解けてすっきりしてきました。
ところがこの「インセプション」は、基本的な部分すら全くつかめない。
言うならば、ストーリーの主人公はいったい誰だったのか、
それすら曖昧でした。。。
私にはちょっと高尚すぎる作品だったかもしれません。

渡辺謙さんの英語、ますます磨きがかかっていて素敵でした★




【ライバルの勉強部屋】
 英語学習者が集まるサイトです。楽習のヒントが、ここにあります。
 にほんブログ村 英語ブログへ ファイブ ブログランキング みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキング【ブログの殿堂】



関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。