スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画観てきた♪ 「三銃士」




338942view001.jpg




作品名:三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
観賞日:10月28日

だって、三銃士ですもの! 観ないわけにはいきません。
「怪傑ゾロ」「若草物語」「秘密の花園」「小公子」に「小公女」
「赤毛のアン」もそうですが、
子ども時代に夢中になった物語が映像化される度、
私は欠かさずチェックしてきました。
血気盛んな若きダルタニャンが、アトス、ポトス、アラミスの三銃士とともに
フランスを混乱と戦争から救うべく奮闘する物語は、
王妃の首飾りの行方とともに私をドキドキわくわくさせたものです。
王を操るリシュリュー枢機卿、彼の部下である美女ミラディは、
とても手強い相手であるだけに、本当にexcitingな物語なのですが...





オススメ度:★★★☆☆





だって、だって。。。












この映画、「三銃士」ファンには向かないかもしれません。
なぜって、物語の筋はオリジナルのストーリーに添った形ではあるものの、
美系のはずのアラミスが、ちょっとイメージ違ったし、
バッキンガム侯爵(オーランド・ブルーム)が悪者になっちゃってるし、
(私が読んだ物語では、フランス国王妃のよき理解者であったはず)
そもそも、飛行船なんて出てこないし~~~~ッ。


この映画、「三銃士」ファンでない方にも向かないかもしれません。
アトス、ポトス、アラミスの関係を原作を読まずに理解するのは、
ちょっと苦労するだろうと思うからです。
歴史的な背景を知っていると知らないのとでは、
フランスとイギリスの間の緊迫した状況、
どうしてフランス国王妃が首飾りをバッキンガム侯爵に託し、
(映画では違う設定になっていたけど)
そして、1度贈ったはずの首飾りを取り戻そうと必死になったのか、
そういった経緯がよくわからないままだと思うから。



ダヴィンチが設計したというド派手な飛行船が空を飛びまわるのも、
ミラ・ジョボビッチ(素敵)演じるミラディが、
「バイオハザード」並みに凄いアクションを見せることになったのも、
原因は、ひとつ。
















3D映画のせいです。






私はいつも通り英語で映画を楽しみたいと思っていたので、
今回も字幕版の2Dで鑑賞したのですが、
確かに、この「三銃士」を3D映画で観たら、
迫力満点だったろうなと思います★
あっちが飛び出し、こっちが飛び出し、
まるで自分が三銃士とともに戦っているような気分にもなれたでしょう。

...でもなぁ。

私は「アバター」以降、やれ3Dだ、ほれ3Dだという風潮には、
ちょっと付いていけないでいます。
3D映画が悪いと言っているわけではありません。
リアルに楽しめる、とても画期的な映画のありかただと思っています。
でも、何も人気の文学を、ここまで原作のイメージを変えて作られてしまうと、
正直ファンとしては複雑な心境にもなるんです。
...だって、空飛ぶ飛行船ですよ。
三銃士がですよ。
それは、ちょっと...ねぇ?
これまで何度もリメイクされてきた「三銃士」だから、
監督さんも奇をてらっての製作だったのかもしれませんが(^^:)。





原作の「三銃士」は、お子さんから大人の方にまでお勧めしたい、
とても面白い小説です。


三銃士 上 (角川文庫)三銃士 上 (角川文庫)
(2009/10/24)
アレクサンドル・デュマ

商品詳細を見る



このデュマの「三銃士」を期待して映画館に行くと、
はい、少しばかり痛い目にあいます(笑)。
エンターテイメントとしてはもう、「パイレーツ...」に負けない面白さです。
アクションは剣術も含めて、すべて見ごたえ十分。
ダルタニャンを演じた若い俳優さんにどこか見覚えがあると思ったら、





パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [DVD]パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 [DVD]
(2011/01/07)
ローガン・ラーマン、アレクサンドラ・ダダリオ 他

商品詳細を見る

この作品でパーシーを演じた主演俳優さんでした。
彼の剣術、身のこなし、声の渋さ、英語の聞き取りやすさ、凄くよかったです。
過去の記事は、こちらです。→ 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」






映画で聴きとれたセリフをご紹介します。
有名な小説ですから、ネタバレ承知で書かせていただきますね。





The feeling is mutual.
(気持ちは同じだ)


Never heard of it.
(聞いたことないな)


It took me so long to catch you.
(お前を捕まえるまでに長いことかかった)


Shall we?
(やってみる?)


We came together. We'll leave together.
(一緒に来たんだから、一緒に帰るのよ)


What now?
(どうする?)


So, what's next?
(さてと、次は?)


I do love you.
(愛してるわ)


You may be better off.
(その方がいいかもね)


It isn't fatal.
(死にはしないさ)


I must say that was cruel.
(残酷だったと言わねばなるまい)


I have nothing left to teach you,
(お前に教えることは何もない)


Get into trouble.
(禍に飛び込むがいい)


I'm in a hurry.
(急いでるんだ)


Dignify or dashing?
(気品か、勇ましさか)


You're fighting with this rascal?
(この悪戯っ子と戦うのか?)

★rascal ... 「悪戯っ子」の意味あり。
アライグマ「ラスカル」ですね。


Watch yourself!
(気をつけな!)


Let's get to it.
(とりかかろうか)


Patience is not my virtue.
(忍耐はボクの美徳じゃなくてね)

★"Patience is virtue."という台詞は、
大ヒット映画「ハムナプトラ」に出てきました!
これは諺なので、覚えとくといいかも。


Take you pick.
(なんでもござれだ)

★マーシャ先生のCDブックで勉強済み。


Finish them off.
(殺しちまいな)


You're always cocky.
(あなたって自信過剰ね)

★cocky ... なまいきな、自信過剰な


For the time being.
(さしあたりな)


We're obsolete.
(私達は時代遅れだ)


Who is involved?
(誰が関わってる?)


After all, boys will be boys.
(結局のところ、男ってものはそうなのよ)


It's time to make our move.
(行動のときだ)


Stay where you are.
(じっとしてな)


"How did it go?" "Clockwork."
(どうだった?)(ばっちりさ)

★これが今日一番のヒット表現。


I have a good news.
(いい知らせが)


Such as?
(たとえば?)


I wouldn't say that.
(そうとも言えないな)


Anything else you want me to take off?
(他に私から奪うものはある?)


We've met before.
(前に会ったよね)


Yes, (it's a) small world.
(そうね。世間は狭いわ)


You look troubled.
(困ってるみたいね)


Time is up!
(時間だ!)


You never learn, do you?
(懲りないやつだな、お前。え?)


We can't go into the storm.
(嵐の中には進めません)


You shouldn't have.
(気を遣わなくてよかったのに)


"Thank you for everything." "Anytime."
(ありがとう) (どういたしまして)


I could use men like you.
(お前たちを使ってやってもいいぞ)


All for one, one for all!
(皆は1人のため、1人は皆のため!)






★私の 映画鑑賞メモ をご紹介しています。


【ライバルの勉強部屋】
 英語学習者が集まるサイトです。楽習のヒントが、ここにあります。
 にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキング【ブログの殿堂】

関連記事

Comment

Emi  

Re: NoTitle

taotomoさん、こんにちは!

> デュマの三銃士、愛読書でした。

それだけ聞いても嬉しい私。
子どもの頃に愛読していた本が愛されているのを聞くと、
自分の経験が間違っていなかった気にさえなります(*^^*)

>昔、原作にそった映画がありましたよ。フェイダナウェイとかラクエルウェルチとかが出ていたと思います。

確か、それより新しいのではキーファー・サザーランドが出てませんでしたっけ? あの「24」の。

> オリジナルのままがいいものってたくさんありますよね。

そうですよね~。
みんながみんな、それぞれの想像の世界をもっていますから、
勝手にキャラクターをイメージしちゃうし。

2011/11/02 (Wed) 14:17 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

> どうせ借りるならアイアンマンよりも「マィティー・ソー(Thor)」の方がおもしろいですよ!

そうなんですね~~~。見てみます。
私の中で一番ヒットのヒーローものは「Mr.インクレディブル」でして。
これは本当に家族ではまり、DVDも買いました。
吹き替え版がまたいいんですよ。

2011/11/02 (Wed) 14:14 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

taotomo  

NoTitle

デュマの三銃士、愛読書でした。昔、原作にそった映画がありましたよ。フェイダナウェイとかラクエルウェルチとかが出ていたと思います。見たのは小学生のころだったかな・・・。すごく面白かったです。アニメのワンワン三銃士まで見てました。だから、飛行船とか聞くと、ウン?って思いますね。オリジナルのままがいいものってたくさんありますよね。

2011/10/31 (Mon) 13:13 | EDIT | REPLY |  

Ryoko  

NoTitle

どうせ借りるならアイアンマンよりも「マィティー・ソー(Thor)」の方がおもしろいですよ!これもアイアンマンと同じ作者の漫画で他の映画同様かすかなつながりがありますけど、単独で全然楽しめます!

来年はこれらのスーパーヒーローをひとつの映画に集めて大掛かりな映画"Avengers"を作るらしいです。ディビッドは楽しみにしてますよ。:)

2011/10/31 (Mon) 11:48 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: ご無沙汰しています♪

けんとんさん、久しぶりですね~~~。
今、ブログにお邪魔してきました。
...アドバイスしようと思われたのでしょうね。
でも、文面ではうまく伝わらないみたい。
けんとんさんが違う意図で受け止めてしまわれるのも、
ネットで見られる問題の数を考えると仕方ないことのように思えます。

以前にも書いたかもしれませんが、
「ブログで人にアドバイスする」って、すごく高度な技術なんですよ。
ブログは、つぶやきみたいなものなんです。
言いたいことを書けるから、だから爆発的に広まりました。
中傷や非難や非道徳的なことなどでない限り、
気ままに自由に書けるのがブログなんですから。

中傷コメント、以前はよく受けていましたが、
最近は静かになりました。
私の書いた記事にかちんときても、「ふん」とよそ見をしてくださるあったかい読者が増えてくれて、本当に心が穏やかでいられます。
もし、嫌なコメントがきたら、「即削除しなさい」だそうですよ。
オーストラリア出身の知人から「You should say "Leave me alone!"」だって。
私もそうすると思います。
ネットって楽しいけど、嫌なこともありますものね。
あまり気落ちなさらないように...。
なんでも流れ流れていくものです。

2011/10/31 (Mon) 09:42 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: NoTitle

Ryokoさん、アイアンマンは観たことないです。
今度、借りて観てみますね~~~。

2011/10/31 (Mon) 09:32 | EDIT | Emiさん">REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: いいかも。。。です (^o^)丿

みねをさん、こんにちは!

☆が2つあったのは、ちょっと「三銃士」に対する思い入れの強さが影響しているかもしれません。おもしろい映画でしたよ。いろいろ突っ込みどころも満載でしたけれど。

ハウステンボスは、スニーカーで行かないとダメですョ~~~。
足がぱんぱんになってしまいます。
歩きますからね。次回、一緒に行けたらいいですね!

2011/10/31 (Mon) 09:25 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

けんとん  

ご無沙汰しています♪

実は記事と関係ない内容ですが、、、、

以前、EMIさんが、「辛辣なコメントをする人がいる」と言うような記事を書いていた事を思い出し、コメントしています。

というのは、ここ数日、1日10件余りの「辛辣(率直)」コメントをNOVAさんと言う方から受けています。

コメントの方は、全部承認しました。

多分、EMIさんの受けた「辛辣度」には及ばないでしょうが。

NOVAさんからのコメントを受けた時、真っ先にEMIさんの記事を思い出したので、こちらにコメントさせて頂きました。

2011/10/30 (Sun) 11:46 | EDIT | REPLY |  

Ryoko  

NoTitle

う~ん、三銃士見なくてもいいなって思いました。子供の頃の物語の映画化と言えば、キャプテンアメリカ見てきましたけど...おもしろかったですよ!アイアンマンを描いた同じ漫画家の方が描いた別のヒーローものなんですけど、すっごいおもしろかったです。

これも3Dあるらしいですけど、確か字幕版は2Dでした。でも2Dでも充分に楽しめる内容でしたよ!

2011/10/28 (Fri) 19:17 | EDIT | REPLY |  

みねを  

いいかも。。。です (^o^)丿

 Emiさん、早速、《三銃士》観てきたんですね。☆はあんまり多くなかったようですが、やはり、映画は映画館の大スクリーンに限りますよね (^^)/

 “映画鑑賞メモ”、いいです! 私も、真似させていただきます。 映画館から帰ってから、再度、楽しめますね。 「一粒で二度おいしい~♪」 ←これがわかる方は、確実に40代以上ですよね?!

 As I've told you before, I went to ハウステンボス last Wednesday.

The weather was pretty good and my freiends and I had a very good time.

We walked and walked all the day. Just before we left the park, I noticed that I
had not visited the hotel whose official language is English ! Too late ! We had to get on the
train.

・・・旧友との旅行は、しゃべるのに夢中になりすぎるようです。 あと、スニーカーをはいて行くべきでした。  このリベンジは、来春あたりに。。。







 

2011/10/28 (Fri) 17:31 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。