スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Self-deception



I used to have dreams.
I wanted to be a teacher, so I aimed at entering a university and managed to win a scholarship. I gave up proceeding to the ambition, though. That was because I got an acceptance to become a government employee. The notice brought happiness to my struggling parents. My parents, especially my mother, had a hard time raising my sister and me, so I couldn't have it.
I wanted to visit England when I received an award of a free tour ticket. I gave up traveling, though. That was because I got engaged at that time and my fiance didn't feel happy with my traveling alone.
I gave up some dreams with some reasonable reasons, I thought. But now I know that was not true. I abandoned some of my dreams because I didn't have the guts to fight against some obstacles. I chose easier ways to get through. And after that, I've kept saying "I used to have a dream, but..."
Self-deception, that's it.
I've just deceived myself whenever I meet with strong oppositions. I hate making excuses any more, but actually I don't know how I can change...


関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: タイトルなし

Ichikoさん、こんにちは!

> Self-deception... I'm sure you can manage your mind.

Thank you for encouraging me! I'm sure you're right!

お寄せいただいたアドバイス、肝に銘じます。
自分でも理解できていることなんです。
1番の原因は、自分の中にあることを。。。
私は母がそうしていたせいか、家族を置いて何処かに出かけることに
異様なくらいの罪悪感を感じます。
私がいないことで、家族が強くなるかもしれないのに、
私がいないことで、彼らが新しいものにトライできるとわかっているのに、
なんだか自分が「わがまま」になったようで、
とても落ち着いていられないのです。
留学もしてみたい、韓国にも行きたい、イギリスにも行きたい、
プリンスエドワード島でホームステイしたい。
夢はいろいろあるのですが、
自分のためにお金を使うことに、どうしても気が引けてしまいます。
「1回きりの人生ではないか」
そんな声もありますよね。
でも、子どもにとっても1回きりの人生。。。
彼らに残すべきお金を、私が使っていいのか、、、そんな風に考えると
もう「dead-end」状態です(涙)。
思い切って1度、飛び立ってみる勇気が必要なのかもしれません。
その勇気がないのなら、もう愚痴を言ってはいけませんね。。。

2011/12/05 (Mon) 08:25 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

Ichiko  

こんにちは、Emiさん。ICHIKOと申します。
ときどきブログを読ませていただいています。

Self-deception... I'm sure you can manage your mind.

私も海外に行けるチャンスがありながら、さまざまなことを理由に諦めてきました。周りの人に遠慮しすぎたと思っていました。私は、Self-sacrificeと思い込んでいました。

でもそれは結果として自分で選んだこと。夢の実現も自分次第なんですね。

娘達が小学生から中学生の頃、イギリス一人旅を3回しました。そのうちの2回は、5日間だけ英語のスクールにも通いました。良く言えばプチ留学です。念願の留学(かなり短期になりましたが)をかなえることができたと思います。

周りの目も家族の気持ちも気になりましたが、家族が崩壊しないように段取りをつければ、実現できるものなのだなと思います。それから費用ですが、やはりパートなりで自分の収入を得ておく必要はあります。子育て中は難しいこともたくさんありますが、子どもはけっこう強いもの。心のケアをきちんとしておけば、大丈夫みたいです。

Emiさんもきっとチャンスは見つかります。今しかないと思ったら、いろいろなことがうまく回り始めるかも。それに、英語をはじめ語学学習を継続されているから、チャンスがきたら存分にお力を活かせて、楽しめると思います。

言い過ぎていることがあったら、ごめんなさい。老婆心に免じてくださいませ。

2011/12/03 (Sat) 12:22 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。