スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

語学学習に「目的」なんていらない


I chatted with a friend of mine on the phone yesterday. During our two-hour conversation, I recommended her an intriguing book I'd just finished. The book was surely an eye-opener to me. When I read through it, I found the reason why I've been so attracted for many years to language study, English and Korean. The book is...


英語にあきたら多言語を! ~ポリグロットの真実~英語にあきたら多言語を! ~ポリグロットの真実~
(2011/12/08)
トニー ラズロ

商品詳細を見る


これです。
「ダーリンの頭ン中」でお馴染み、トニーラズロさんと小栗左多里さんの共著ですが、
今回は自称語学オタクでいらっしゃるトニーさんの経験談や意見がつまった、
いかに外国語と向き合うか、いかに楽しむかなどについて書かれた
「語学オタクへの道 How to 本」仕立てになっています^^

ひと言、語学好きなら絶対に読むべき良書です。

タイトルの副題にある「ポリグロット」の意味を知った時、
なるほどな~~~~~と思いました。
語学マニアだの、語学オタクだのという表現は、もう古い古い。
私もこれからは自分のことを「ポリグロット」と呼ぶことにしよう。
...な~~んて、そう心に決めました。


この本の素晴らしい点はいくつもあるのですが、
私の心にズド~~~~~ンと響いた言葉をご紹介したいと思います。


「言語愛」と「言語欲」を混同するべからず。


著者は言います。

「出世できる」とか「視野が広がる」とかを理由に「~語が好きだ」という人がいる。
確かに、目的をもって言語を学習すべきとはよく言われている。
でもそれは、言語を利用する人の発想であって、
言語愛者が考えるようなことではない。
何かを手に入れるために言語と付き合っている人、
それを道具として使うような人は、
その言語の力を欲しているに過ぎず、
とても愛しているとは言えないのだ。


それで謎が解けました。
私がなぜ15年もの間、語学学習を1日も欠かさず続けてきたのか。続けてこれたのか。
英検やTOEICに焦点をあてた学習にすぐに飽き、
英語に関わる仕事をしたいなんて大きなことを言いながらも一向に行動に移れず、
どんどん目標に向かって突き進んでいく友人を見て羨ましく思いながらも、
マイペースを崩すことをしなかったのか。
私の英語や韓国語に関する気持ちは、欲ではなく、愛だったんだ。
...そんな考えに行きついたら、なんだか嬉しくなりました。

目標をもって勉強することの大切さは、よくわかっています。
そのことで、私たちが進化できることも承知しています。

語学学習は、例えば陸地を目指す航海になぞらえることができると思います。
ある人は「英検合格」という陸地を目指し、
ある人は「TOEIC800点」という島を目指し、
またある人は「スキルアップ」「昇進」という港を目指して進むでしょう。

きっと私は違う旅を楽しんでいるんです。
いわば、私には目的地がない。
私にとって語学学習とは、sailingのようなものだから。

陸地にあがることが目的で勉強しているわけではなく、
海にぷかぷか浮かんでいる、その行程を楽しんでいる学習者なんですね...。
ときには嵐がきて船が転覆しそうになったり、
豪華客船がすぐ脇を猛スピードですりぬけていって落ち込んだりするけれど、
それでも、1人でのんびり海(語学)に浮かんで(勉強して)いるのが、
楽しくて楽しくて楽しくて仕方ないから、
こうしてバカみたいに続けていられるんでしょう。
「欲」でなく、まさに「愛」、、、なんだなぁ☆彡

ご紹介した本のタイトル
「英語に飽きたら多言語を」の「飽きたら」の部分は私には当てはまりません。
飽きてはいません。
韓国語に浮気をしているだけです。
...これは「愛」ではなく「欲」じゃない?と言われてしまうかもしれませんが^^;
語学学習に対する視野を広げてくれるトニー・ラズロさんの新著、
「なぜ語学を学ぶのか」という落とし穴に落ちそうになった方には
特にオススメしたい1冊です。


関連記事

Comment

Emi">

Emi  

Re: Using the verb "recommend"

> Sorry to comment about your using the verb "recommend", if you feel offended.

Let me say thank you first before saying "No need to say sorry!"
I've been trying to write proper English, but I still have a long way to go... I really appreciate your correction! I'll keep it in mind! ^^

2012/06/09 (Sat) 12:41 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

languague fan  

Using the verb "recommend"

Hello!

I am not 100 percent sure about it; as far as my English language knowledge goes,
I would recommend that you write "I recommended to her an intriguing book I'd finished."
Or "I recommended (her) that she read an intriguing book I'd just finished."


Sorry to comment about your using the verb "recommend", if you feel offended.
I was once corrected in this respect, as I was taking a business-letter writing course many years ago.

2012/06/09 (Sat) 02:31 | EDIT | REPLY |  
Emi">

Emi  

Re: なるほどねえ。

kuri2mamaさん、こんにちは!

> 老後に、年取っても一人で楽しめて、ボケ防止にもなるし、

ほんと、そうですよ。
英語をしてなかったら私、もうずっと以前からボケてそうです。
勉強している今ですら、
洗濯機と冷蔵庫をごっちゃにして子どもにからかわれます(涙)。
勉強していなかったら、どんなことになっているか。。。

> 誰のためでもない、私自身のためです。

You can say that again!!!

2012/06/08 (Fri) 11:19 | EDIT | Emiさん">REPLY |  

kuri2mama  

なるほどねえ。

私も思い出しました。というか、今でもこの理由が大きい!!
老後に、年取っても一人で楽しめて、ボケ防止にもなるし、
楽しいし。。。ということ。一生、sailing ですよね。
誰のためでもない、私自身のためです。

2012/06/06 (Wed) 16:24 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。