スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「どこで見つけた?」 ~アラン使道伝 第2話~ 


アラン使道伝 韓国ドラマOST Part. 1 (MBC) (韓国盤)アラン使道伝 韓国ドラマOST Part. 1 (MBC) (韓国盤)
(2012/09/06)
韓国TVドラマサントラ、シン・ミナ 他

商品詳細を見る


韓国ドラマファン必見のブログ 「韓国ドラマを語ろう」 さんのサイトで鑑賞し、
聞きとれる数少ない台詞をディクテーションしています☆彡


   →  →  →  「アラン使道伝」 第2話

그건 어디서 났어?
내것야.
그럴리가 없어. 어디서 주웠어?
나 죽었을때부터 갖고 있던것거든!



こんな風に訳してみました。
「これ、どこにあった?」
「私のよ」
「そんなはずはない。どこで見つけたんだ!」
「死んだ時からずっと私が持ってたんだってば!」



「クゴ オディソナッソ?」
「ネッコヨ」
「クロウリガオプソ。オディソ ジョッソ?」
「ナ チュゴッスルッテブト カッコイットンゴゴドゥン!」
...のように聞こえる台詞です。
幽霊の姿が見えるウノ(イ・ジュンギ)と、幽霊アラン(シン・ミナ)の会話になっています。
ディクテーションに間違いがないか、ネイティブに添削してもらいます。

ちなみに、この「オディソ ナッソ?(どこにあった?)」は、
ドラマ「宮 ~Love in Palace」 の14話にも出てきました☆彡
昨夜たまたま「宮」を観ていたのですが、主演ユン・ウネのセリフに出てきて「おっ!!」。


【単語チェック】
나다(ナダ) ... 出る
것(コッ) ... もの
줍다(チュッタ) ... 見つける
갖다(カッタ) ... 持つ
거든(コドゥン ... ~だから、~だよ




【感 想】
第3話まで観ていますが、この第2話はかなり面白いです。
シン・ミナとイ・ジュンギのボケと突っ込み、2人の呼吸がぴったり合っていて、しかもユーモラスで、
韓国語の台詞をほとんど理解できていない私ですが、何度も「くすっ」と笑ってしまいました。
このドラマ、展開がかなり早い気がします。
といっても乱暴な早さではなく、いい意味で「スピーディー」なんです。
記憶を失っている幽霊アラン(シン・ミナ)の身元が、あれよあれよという間に明らかに。
生前どうも好きな男性がいたらしく、そこから真相の手掛かりを見つけようとするのですが、、、
なかなかうまくいきません。

死後の世界でも食糧をめぐる壮絶な争いがあるなんて設定は、とてもユニークだなと思いました。
幽霊の姿は見えないけれど、声だけが聞こえる人がいるとか、
幽霊はときに生身の人間を襲って命を奪うこともあるとか、
幽霊を始末しにくる死神がいるとか、
このドラマの着眼点って新鮮だな~~~と思いながら、楽しく鑑賞しています。
脇を固める役者さんも、なかなかいい。
今のところ、私のお気に入りは2人です。
1人は、「成均館スキャンダル」で書店の主人を演じていた俳優さん。
ウリ(イ・ジュンギ)に協力する3人男衆の1人として登場します。
書店の主人の時と似たり寄ったりの演技ではありますが、彼の演技、好きです。
相変わらず憎めない、キュートな魅力を出してます(*^^*)。
もう1人は、幽霊アランに何かと協力することになる半人前の巫女を演じる女優さん。
彼女は「恋愛物語」で、ヒロインの親友の1人を演じていました。
目がくりくりと大きい、綺麗な女優さんなんですが、笑いを誘うコミカルな演技がピカイチ。
さあ、第3話にいきたいと思います☆彡


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。