スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「話はすんだか?」 ~アラン使道伝 第5話~

アラン使道伝 韓国ドラマOST Part. 1 (MBC) (韓国盤)アラン使道伝 韓国ドラマOST Part. 1 (MBC) (韓国盤)
(2012/09/06)
韓国TVドラマサントラ、シン・ミナ 他

商品詳細を見る


韓国ドラマファン必見のブログ 「韓国ドラマを語ろう」 さんのサイトで鑑賞し、
聞きとれる数少ない台詞をディクテーションしています☆彡


   →  →  →  「アラン使道伝」 第5話

얘기 다 끝났어?


こんな風に訳してみました。
「話はすんだか?」

「イエギ タ クンナッソ?」と聞こえる台詞です。
ディクテーションは多分間違いない(よね?)と思うので、今回もネイティブに添削依頼してません。
「女ができたんでしょう!?」としつこく詰め寄ってくる家来に向かって、
うんざり顔で答えるウリ(イ・ジュンギ)のセリフです。


얘기(イエギ) = 이야기(イヤギ) ... 話





今日は、ディクテーションした台詞をもう1つ。

왜 웃으시오?


こんな風に訳してみました。
「なぜお笑いに?」

「ウエ ウスシオ?」と聞こえる台詞です。
幽霊の時には平気だったのに、生身の人間になった途端、目の下にクマができてしまったアラン(シン・ミナ)。
愚痴を言う彼女がおかしくて、つい笑ってしまったウリに向かって不満そうに言うアランのセリフです。




【第5話の感想】
お!! 再び面白くなってきました☆彡
その理由は、主役の2人、シン・ミナとイ・ジュンギの自然で魅力あふれる演技によるところが大きいです。
イ・ジュンギは泣きの演技がうまいことで知られていますが、
このドラマでも、ときにさめざめと、ときにグワ~ッと、豊かな表現力をみせつけています。
ストーリー展開としては、、、相変わらず奇抜です。
謎ときのお話かと思っていたのですが、あっけないくらいに次々に裏話が暴露されていく感じ。
もう少し「小出し」にしてくれてもいいのになぁと思うくらい(-_-;)。
ウリ(イ・ジュンギ)のお母さん(...だよね!?)が、あんな形で登場するとは、、、
胸を刺されたアランが、山深い坂道を逃げるシーンはドキドキします。
シン・ミナ、演技が本当にうまい☆彡
それにしても、あの謎の女、、、何の目的であんなことをさせてるの???
字幕がないから、細かい部分がわからず、モヤっとします(-_-;)。
演じている女優さんが整い過ぎた顔だちで怖いです(-_-;)。
第5話の前半で、「ピニョ」という単語が何度も聞こえました。
話の流れ上、、、かんざしのこと??? と予測して辞書を調べたら、ありました!!

비녀 ... かんざし



第6話のディクテーションは、来週になるかな。

関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。