スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな意味かわかる? 

世界のどこにもいない優しい男 韓国ドラマOST Part. 1 (KBS) (韓国盤)世界のどこにもいない優しい男 韓国ドラマOST Part. 1 (KBS) (韓国盤)
(2012/11/05)
韓国TVドラマサントラ、Kim Jun Su (JYJ) 他

商品詳細を見る


지금 내가 하고있는말 무슨 뜻인지 알아들어요?
(今わたしが話したこと、どんな意味かわかるわよね)



「チグム ネガインヌンマル ムスントゥシンジ アラドゥロヨ?」
...と聞こえるウンギ(ムン·チェウォン)のセリフをディクテーションしてみました。


             ハングル文字に誤字があるような気がします...(^_^;)。
             ネイティブに添削依頼してみま...したら、
「正解です!」と返事きました~~~。



挫折しそうです、このドラマ。
「すごく面白い」「展開が気になる」と日本でも好評だし、
韓国での視聴率も放送枠の中でダントツ1位☆彡
なのに、私は勝手に1人で冷めてます(-_-;)。
主演のソン・ジュンギは、その演技力に定評がある若手俳優です。
「トキメキ☆成均館スキャンダル」でも、ヨリムという繊細な青年に魅力をたっぷり吹き込んでました。
でも、このドラマ「世界の...」では、彼の持ち味である 表情の豊かさ が生きてない(-_-;)。
復讐に生きる青年の役だから、冷淡な表情が多くなるのは当然かもしれないけれど、
ウンギという女性に出会う前と、出会ってから彼女を愛するようになってからのキャラクターに、
これだ~~~~!!と思えるくらいの大きな変化がない(-_-;)。
うまいんです、ソン・ジュンギも、彼をとり囲む女優陣も。
だけど、、、なんだかな。

もしかしたら、、、
韓国語オンリーで鑑賞しているせいで引き起こされる私の理解力不足が原因かもしれませんね...。

ウンギを愛するようになったきっかけも、いまいちハッキリしない。
映画やドラマの中には(韓国ものに限らず)、結構あっさり男性が女性に恋をしてつまんないなと思うものがあります。

メグ・ライアンの「ニューヨークの恋人」もそうだったし、「私の名前はキム・サムスン」も浅かった気が。
なんで彼女に惚れたの?と不思議に思うシチュエーションが、けっこう多い。
女性が男性に惹かれていく過程は、じっくり、しっかり、撮られている作品であっても、
男性キャラクターは、これといった理由も事件もなく、あっさり 惚れてます という心境になってるケース。
葛藤する男性って、カッコいいのに、それが描ききれてない(エラそうに意見してみる)のですよ。
逆に「おっ、これは丁寧に描かれているな~」と感じた作品は、
キム・ソナ主演の「女の香り」とか、キム・ジフン主演の「恋愛結婚」ですか。
これは男性キャラクターの心境の変化が、本当に丁寧にかかれていてオモシロかった(^v^)。

視聴率がよくても、評判が良くても、ハマれないドラマってあるもの。
日本語で鑑賞したら少し感想がかわる作品でしょうか、この「世界のどこにもいない優しい男」。


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。