スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会いたい」第4話 ~感想とセリフ~

ユチョン&ユン・ウネ共演の新作ドラマ「会いたい」、第4話を視聴しました(*^_^*)。



                         「会いたい」キャスト・登場人物紹介



さて、今回の感想は、、、、








う、う、う、、、泣けた~~~~~~(>_<)




第3話の残酷きわまりない事件から、続く第4話がどのように描かれているのかヒヤヒヤものでした(-_-;)。
心臓が痛くなるよな緊張感で鑑賞しましたが、もう頭から最後まで泣きっぱなし...という。


子供らしく ほんわか としていた15歳の淡い初恋を中心に描いていた第2話ですが、
この第4話では未公開の2人のエピソードが紹介してあります。
失踪したスヨンが残した日記を読む形でつづられていくのですが、、、、それがまた、、、
涙を誘うったら、ない。


201211152230079559303A_1.jpg
                  写真はkomi☆さんからお借りしました.。o○

なぜ2人の男女がそこまで「会いたい」と激しく望むのか、必死になるのか、
第4話までの子役が演じるエピソードに、とても丁寧に描かれているドラマという印象を受けました。
いや、、、それにしても、、、、本当に観ていて心が痛いドラマですわ(T_T)。

     

                 ヨ・ジング、キム・ソヒョン。

20121115_321080.jpg

          才能あふれる2人の子役...アニャ、2人の俳優に、万歳☆彡


少女を探すため必死になる刑事を演じるチョン・グァンリョルssiの刑事役、本当にかっこいい。
彼が犯人を追及していく姿は鬼気迫るものがあるし、
そうかと思うと、子ども達に愛情たっぷりの笑顔をみせる。
失踪したまま帰らない娘を案ずる母役はソン・オクスク、「あなた、笑って」でもお母さん役でした。
今回も 元気でタフなアジュンマ!! を演じています。
娘を拉致、乱暴した犯人に詰め寄り、「...ウェ、ウェグレッソ?(どうしてそんなことをしたの?)」
「ウリ スヨニ サライッチ!?(私のスヨンは生きてるわよね!?」と迫るシーンはもう、、、号泣。
ああ、、、、つらい。
もうこんな犯罪、世界からなくなるといいのに。

ベテラン俳優陣の確かな演技を超えて、
自責の念にさいなまれた少年ジョンウを演じるヨ・ジング、
自分の身にふりかかった事件のあまりの重さに潰されそうな薄幸の少女スヨンを演じるキム・ソヒョンが、
キャラクターの魂でも乗り移ったかと思えるような迫力ある演技をみせます。
この2人以外の子役も、み~~~~んな、うまいっ。
こんなにシリアスなドラマは観たくないと思いつつ、彼らの演技が素晴らしいのでやめられなくなってます。

なにより、この第4話の次に登場するであろうユチョン。
彼の演技が観たい。
第5話の予告で ちらっ とユチョンの演技が登場していますが、、、、




やっぱり、ユチョンはいい役者だ...!!



いつものごとく、ネタバレ注意のドラマのセリフを少しご紹介します。
あちこち聴きとりミス、タイプミスあると思います。ご了承くださいm(_ _)m
ネイティブに添削してもらいました。




보고싶다(会いたい)のセリフ集 ~第4話~

내가 노래 불러줄까?
(あたしが歌を歌おうか?)

오빠, 왜그래?
(お兄ちゃん、どうしたの?)

안에 있죠?
(中にいるんでしょ?)

도대체 무슨 일이 있었던거야?
(いったい何があったというんだ?)

나하고 얘기 해!
(俺に話せ)

따라 오지마.
(ついてくるな)

아버지 한테 물어봐야 겠어.
(父に聞いてみなくちゃ)

전화 온다!
(電話だ!)

아버지, 정말 그렇게 생각하세요? 제가 정말 미친거에요?
(お父さん、本当にそんな風に考えてるの? 僕が正気じゃないって?)

저도 이제 아버지 안 믿어요.
(僕ももう、お父さんのことを信じない)



最後のセリフ、「トキメキ☆成均館スキャンダル」 のイ・ソンジュンのセリフと重なります。
待ちに待ったユチョンが登場する第5話は、来週までおあずけです(-_-;)。


関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

canteenさん

> Emiさん こんにちは。
> 妹さん ご結婚おめでとうございます。


ありがとうございます!!!
私もとても嬉しいです。苦労してきた妹なので。

> たとえ心が痛くなるとしても・・・見たいです。

もしかしたら、成長したお話ではあれほどの苦痛はもうないかもしれません。
子役たちが本当に身体をはって頑張りました。
脚本家の方は、結構abuseをテーマにドラマを書いている方みたいですね。
ちょっと表現に過ぎる傾向があると、非難する声もあるようです。

2012/11/19 (Mon) 15:49 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

canteen  

Emiさん こんにちは。
妹さん ご結婚おめでとうございます。

ネタバレ注意と言われても気になって読んでしまいます(^_^;)
Emiさんの感想を読んで涙のユチョンを見ただけで
泣けそうです。


ユチョンの演技、楽しみです。
たとえ心が痛くなるとしても・・・見たいです。

2012/11/16 (Fri) 22:47 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。