スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会いたい」第10話 ~感想とセリフ~



ユチョン&ユン・ウネ共演の新作ドラマ「会いたい」、第10話を視聴しました(*^_^*)。



o0493038312297090913.png




             →  →  →  「会いたい」キャスト・登場人物紹介



さて、今回の感想は、、、、








母が娘を想う気持ちは、涙なしには語れない...(T_T)

このドラマ、本当に泣かされてばっかりだわ...。




ちょっと ネタバレ 入ります(*^_^*)。










この第10話では、スヨンの母キム・ミョンヒを演じるソン・オクスク(송옥숙)が最高の演技を見せます!!

忌まわしい過去を忘れようと整形手術をしていた娘スヨン。14年もの隔たりがあったにもかかわらず、
すぐに自分の子どもだと気づいた母(ソン・オクスク)は、愛しい彼女を前にして涙がとまりません。
会えて嬉しい、でも、、、
「イ・スヨンに戻るのはイヤ」と激しく嗚咽する娘を見て、母ミョンヒははっとします。
そして、大粒の涙を流しながら、思いもかけない言葉をかけるんです。
いいさ、いいんだよ、それで。父親がどんな人間か、誰も知らないんだろ?い
過去のことは誰も知らないんだろ? いいんだよ、スヨンに戻らなくて。かまうものか。
「あたしはあんたのことは知らないよ。娘のスヨンは死んだの。それで、いい、そうさ、それでいい。
だから泣かないで、ね、泣くんじゃないよ」
自分がここにいたら、この娘(こ)の人生がダメになる。
自分がここにいて、私が母親だとばれたら、辛い思いを味わった娘が、また地獄の世界を見ることになる。
ミョンヒは立ち上がります。
そして、「オンマ...(お母さん)」と呼んでくれた娘に「私を忘れるんだよ」というように手を振り、
そのまま靴を履くのも忘れて、夢中で部屋を飛び出していくのです。

o0450048012319370060.jpg
                サジン(写真)は、komi☆さん からお借りしました(*^_^*)。



ソン・オクスクの名演技は、まだ続きます。

スヨンを残して帰りかけながら、はたとジョンウ(ユチョン)のことを思う彼女。
娘のスヨンが戻らず、ジョイとして新しい人生を生きることになれば、
14年もの間ずっと彼女を探し続けてきた、そしてこれからもずっと探し続けるであろうジョンウはどうなる!?
「ジョンウヤ...ジョンウヤ...オットッケ...オットッケ(どうしよう、どうしよう)」
苦しい気持ちを抱えて生きることになるだろう息子同然の彼のことを思い、また熱い涙を流すんです。

ソン・オクスクの名演技は、まだまだ続きます。

スヨンに新しいシアワセな人生を歩んでもらいたい。
でも、待ち続けているジョンウは、どうなる?
愛しい2人の子どもの板挟みになって、昼間からお酒をあおり、衣装戸棚から洋服(スヨンの?)を放り出す彼女は、
帰宅したジョンウに言葉をかけられ、床につっぷして泣くんですが、、、この演技がまたシミます(T_T)

o0476054012319154933.jpg


くずれおちる彼女の背中をぽんぽん叩くユチョンの演技もいい。
「ウロ...ウロ...(泣けばいい、泣けばいいよ)」というセリフには、遠慮なく私も泣かせていただきました。
「泣けばいい。だから将来、俺が泣きたくなった時には、こうして傍にいてくれよ。約束だよ」
こんな言葉をかけてくれる息子がいたら、母親としてもう言うことないですよね...(*^_^*)。


スヨンという名前を捨てたはずのジョイ(ユン・ウネ)、
スヨンという娘を忘れようとしていた母ミョンヒ(ソン・オクスク)、
2人は運命の悪戯によって再会し、これまでにない苦しみを味わっています。
これからどんな人生を生きていくのか、どんな道を選択していくのか、登場人物の行動に目が離せません!!






いつものごとく、ネタバレ注意のドラマのセリフを少しご紹介します。
字幕なしで韓国語のセリフをディクテーションしていますので、あちこち聴きとり&タイプミスあると思います。
また、日本語訳は私によるものですので、その点もご了承くださいm(_ _)m



보고싶다(会いたい)のセリフ集 ~第10話~

너 맞지? 나를 몰라?
(あなたでしょ? 私のこと、知ってるでしょ?)

일단 타세요.
(ひとまず乗ってください)

그때 다시 얘기하죠.
(その時にまた話しましょう)

저도 어떻게 된 일인지 궁금하네요.
(僕もどうなっているのか気になりますから)

다녀올게요.
(行ってきます)

말씀하세요. 하실 말씀이있어서 오신잖아요.
(お話しください。お話があって、おいでになったんでしょう?)

이렇게 좋은 집에 사는거보니 공부도 많이 했나보네.
(こんなに立派な家に住んでいるところを見ると、たくさん勉強したんだね...)

잘 못 했어요.
(ごめんなさい...)

니가 뭘 잘 못 했어!!
(お前がどうして謝るの!!)

살아있었어 그랬어!
(生きていてくれたんだから、それでいいのよ!)

엄마, 난 못 가. 난 이수연으로 돌아가기 싫어.
(お母さん...私、行けない。イ・スヨンに戻るのは嫌)

난 너를 못 봤어. 내 딸 수연이 죽었어.
(私はあんたのことを知らない。私の娘のイ・スヨンは死んだんだから)

그럼 됐어. 울지마.
(それでいいんだよ。泣かないで)

오지마...오지마...
(戻ってきたらダメだよ、戻ってきたらダメ...)

잠깐 시간이 좀 내주세요, 마버지.
(ちょっと時間をいただけますか、お父さん)

정말 미치면 아버지한데 그 이유 물러 올게요.
(本当に頭がおかしくなってるのなら、お父さんにその理由を尋ねに来ますよ)

때려!
(殴れよ!)

벌써 끝났어?
(もう済んだの?)

난 이수연이 제일 좋아.
(俺はイ・スヨンがいっちばん好きなんだ)

다시 만들면 되잖아. 좋은 기억.
(また作ればいいじゃないか。楽しい記憶)

다음에는 같이 가자.
(次は一緒に行こう)

오늘 뭐 했어?
(今日は何をしたの?)

니가 보고 말해줘. 좋은 사람인지 나쁜 사람인지.
(君がその目で見て判断して。いい人間か、悪い人間か)

진범이 꼭 잡아주세요.
(真犯人、きっと見つけてくださいね)

수연아, 그럼 프랑스에 길것이? 안 가면 안 돼?
(スヨン、フランスに帰ってしまうのか? 行かなくたって...いいよな?)

전화 목소리 똑같다.
(電話の声、一緒だ)

잘 됀네. 따뜻하다.
(ちょうどよかった。あったかい)

안 버렸네요.
(捨ててなかったんだね)

부럽다!
(うらやましいわ!)

큰 일이네.
(こりゃ、一大事だ)

내 옆에 있고 싶다고 했지.
(僕の隣にいたいって、そう言ったろ)

있지? 테이프.
(あったでしょ、テープ)




この最後のセリフ、「テープ、あったでしょ」あの人 のセリフでした!!
なんという展開!! いや、読めてたぞ、最初から!
だって怪しいと思ったのよ、このちょっとした脇役に、こんなベテラン女優さんを使うなんて、おかしいと思ったのよ~~~~。
第10話のラストでは、衝撃の事実が明らかになりました。
なんとジョンウが、、、ジョンウが、、、オットッケ~~~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

「僕の隣にいたいって、そう言ったろ」というのは、ヒョンジュン(ユ・スンホ)のセリフ。
このセリフがまた、冷たいったらない。
ユ・スンホは優しい人柄、冷淡な役柄を演じわけるのが、若いながら最高級にうまい役者さんだと思います。
見た目が少年紳士のようだから、かえってその静かな頬笑みに裏があるようで恐ろしい。
ヒョンジュンという青年は、自分の身を守るためとはいえ、子ども時代に残酷な一面を見せたキャラクターなので、
今後の展開によっては「裏切られた」として豹変し、スヨンだけでなく、ジョンウにも牙をむけてくるような。

ジョンウ父の欲深さも健在だし、あの優しかった 掃除婦のおばちゃん も本性を表したし、この先いったい...!!!!????


気になる第11話は、来週水曜の放送です☆彡


오늘은 여기까지.
(今日はここまで)



関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

canteenさん☆

ソン・オクスクさんっていう女優さんなんですよ~~~。
私が最初に彼女をお見かけしたのは^^、「あなた、笑って」というドラマでした。
こちらもお母さん役で、後半は本当にうるさいアジュンマで、いらっとくる役柄でした^^;
その他にも、いくつかのドラマで出会いましたが、、、強烈に覚えているのは「あなた、笑って」です。
かなり前に見たドラマなんですけどね^^

> 第10話はとことんオンマでしたね

本当に!!!
素晴らしい演技ですょ...涙がとまらず、大変でした。
演技も脚本もいいドラマです。
社会について問題提起もしっかりなされているし、ただのラブストーリーではないところがすごいです。
たくさんの方に見ていただきたいですね!

2012/12/09 (Sun) 16:05 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

canteen  

No title

ソン・オクスクさんっていう女優さんなんですね。このドラマで初めて見た気がします。第10話はとことんオンマでしたね・・・本当にもう何といったらいいか・・・胸が締め付けられ苦しかったです。
スヨンの家から出たオンマの「ジョンウ~ ジョンウ~~ オットケ~」、オンマを優しくいたわるジョンウ・・・ なんて切ないんでしょう。涙が止まりませんでした。演技も脚本もいいですね。

それにしても、あぁジョンウ! オットケ~ クェンチャナ?

2012/12/08 (Sat) 00:13 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。