スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の英会話サークル



英検1級勉強会には大幅に遅れてしまいましたが、その後の英会話サークルには頭から参加しました☆彡
今日の参加者は、ネイティブゲストの Jason も入れて全員で9名。
ここのところ学校行事などで集まりが悪かったので、久しぶりに大賑わいでした(*^_^*)。
いつものとおり、オーストラリアDJによる英国へのイタズラ電話からトルコの文化、007にまつわる話まで、
フリートークで2時間お喋りしまくりましたが、その中に登場した単語たちをちょっとメモしておきます。


registered ... 公認の

   これは、カナダに住んでいるお友達の話をしたときに出た単語。
   看護婦として現地で働いている日本人の方が身近な所にもいらっしゃると知って、すごいなと感心。


Why did you choose the country?
   この choose のかわりに私が最初 pick up を使って、Jason から訂正されたもの。
   pick out ならOKだけど、くだけた英語の多用を好まない Jason は choose を好みます。


susceptable to ... ~を受けやすい

   これは英検1級レベルの単語だった!
   Jason が口にして聴いて理解はできるんだけど、すらっと自分の口からは出てこないのよ。
   これまで I'm sensitive to cold. ばっかり使ってたから、これからこの単語も活用できたらいいな。


rugged ... いかつい

   英国俳優ダニエル・クレイグのジェームズ・ボントにまつわる話をしていてとびだした単語。
   He is not so good-looking, but he is one of rugged actors. という風に使います。


a pain in the neck ... 厄介なもの
wet blanket ... 興ざめなもの


   両方とも「退職後にぬれ落ち葉になってしまう恐れのある夫」の話をしていて登場した単語。
   ごめんなさいね、お父さん方。
   単なるお喋りだから(-_-;)。

  
ring a bell ... ぴんとくる

   これ、私はいつも ring the bell (大ヒットする)と混同してしまって、モヤっとなります。


off the chest ... 打ち明けてさっぱりする

   この表現を初めて教えてくれたのは、今やもう廃刊なんじゃないかというくらい古いこの教材

507語で英会話―中学英語であなたも話そう507語で英会話―中学英語であなたも話そう
(1996/07)
湯沢ケリー、Kelly Cutler Yuzawa 他

商品詳細を見る

    これ、すごく使える教材でした。購入していてよかったと思える1冊。




以上の単語や表現のほかにも、今日はいろいろメモして帰ってきました。


time lag ... 時差

snapshot ... よくねらわずに素早く打つこと(考えなしの行動)

simultaneously ... 同時に

clout ... 影響力(これは英検1級レベルの単語集で勉強!! 思いだして使えてよかった!!)

wind down ... だんだん終わる

swindler ... 詐欺師

prank ... いたずら、悪ふざけ

naughty ... いたずらな





 
de facto ... 事実上の 

     Jason が口にした単語。スペルはイメージできたけど、意味がちょっとうろ覚えだった(-_-;)。
     こんな小難しい単語を教えてくれたのは、きっと「ビジネス英語」に違いない。
     最近まったく聴いてないな~。


manslaughter ... 過失による殺人

     DJがエリザベス女王を装って電話をかけ、その後、なんらかの理由によって看護師の命が失われた。
     果たしてこれに当たるのか? ということで飛び出した単語。




10時30分~13時まで、休憩なしにいろいろな話題について語り合いました。
今年のサークル活動は、今日でおしまい。
巳年の来年も変わらず元気で、みんなで楽しく英会話力を磨いていきたいと思います☆彡


          
関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

Ryokoさん☆

特に野球用語なんて、もう、どれが日本語か英語かわかんなくなってしまいます。
ホームラン、ヒットエンドラン、スクイズ、スリーベースヒット、、、
みんな使えるのかしら??? って^^:
カタカナ英語に助けられることもありますが、騙されることも結構多くて、油断大敵です^^;

2012/12/16 (Sun) 10:29 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Ryoko  

カタカナ英語に引きずられるの…すごく分かります!!日本にいた時は私もそうでした~!!だんだん英語の表現なのか和製英語なのか分からなくなりますよねσ(^_^;) 私も日本でだんだん混乱して英語で夫に話してた時に「何それ?」って言われて初めて自分が和製英語に影響を受けてるのを自覚したのを覚えてます(*^^*)

2012/12/13 (Thu) 20:58 | EDIT | REPLY |  
Emi2号">

Emi2号  

Ryokoさん☆

> Speaking of "pick up," 私もJasonが言うようにこの場合は"choose"を使うと思います。

私は日本語の「ピックアップ」にひきずられてしまってるんだと思います。
カタカナ英語、よく私は混乱させられてしまうので注意してるんですが^^;

> ところで詐欺師なんですけど...私はcon artistの方をよく聞きますが、意味が少し違うとかあるんでしょうかね?

どうなんでしょうね! 私は con man をよく耳にします。
ドラマではこちらの方が頻出しませんか???
昨夜観た「メンタリスト」にも出てきたような!

2012/12/13 (Thu) 20:05 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Ryoko  

No title

よく使われてるフレーズ盛りだくさんですね。ネィティブと話すとこうやってよく使われる単語をピックアップできるのでいいですよね。

Speaking of "pick up," 私もJasonが言うようにこの場合は"choose"を使うと思います。

"pain in the neck"なんですけど、私はこの言い方をしますが、Jasonが嫌うであろうお下品なアメリカ人は"pain in the a__"を使う人がけっこう多いです。もちろん"neck"を使う人達も沢山いますよ〜e-440

ところで詐欺師なんですけど...私はcon artistの方をよく聞きますが、意味が少し違うとかあるんでしょうかね?

2012/12/13 (Thu) 05:45 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。