スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOEIC パート7 



私はいつも言葉が足りないか、多すぎるかで、誤解を招いてしまうような記事を書いてしまいます(-_-;)。
つい先日書いた 第177回 TOEICレポート を読み返してみたのですが、、、、

さも 軽々と パート7を解答したみたいに読めてしまいますね\(゜ロ\)(/ロ゜)/




...けして、そんなことはありません!!!!

私が「8分余った」と書いていますが、それはもう猛スピードでひととおり解答していったからで、
ファイナルアンサーのつもりでマークしていったわけではないんです(T_T)。


私はこれまでもずっと、出題順に問題を解くようにしています。
マークし忘れが怖いからです。
でも、途中で「あかん...」と思うような問題に出会ったら、いきなりラストから解くようにしています。
気分を変えて、前と後ろからの「はさみ撃ち」攻撃です。

パート7の解き方については、今回、、、



全問正解する新TOEIC TEST990点対策全問正解する新TOEIC TEST990点対策
(2012/07/28)
加藤 優

商品詳細を見る


著者である加藤先生のアドバイスを参考にし、思い切って本文を読んでから問題を解くようにしました。
(実際この解き方だと、パート7の最初は驚くほど時間短縮できます!…最初のほうは)
もちろん、本文先読みだと、所詮この私のリーディング力ですので、読めてない部分はたくさんあります。
「え??? こんなの書いてあったっけ???」と何度も思いました。
でも、消去法で答えを出すようにしました。
まずは、とりあえずマークする。
そして、どんどん先に進む。
1つの問題につまずいても、結構その先に解ける問題があったりします。
あやふやだとしても解けるものからドンドン解いていかないと、
1つの問題につまってしまったら最後、数問は完全な塗り絵になってしまいます...。
それを避けるために、今回はたったかたったかマークしていきました。


パート7と戦うために意識したことは、、、
 
  1) できるだけ時間を残すため、パート5とパート6を大急ぎで解く。
  2) 迷っても、ひっかからない。まずはマークして、あとで見直す。
  3) 手も足も出なかったら、違う問題にさっさと移る。

です。
パート7の評価は、先の記事にも書いたように「難」でした。
これをどう克服するか、、、今後の課題です。
関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。