スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画観てきた♪ 「レ・ミゼラブル」




なんと最後に映画館で映画を観たのは、2011年7月。
(韓国語を勉強しだして、とんとご無沙汰になりました)
今日はホントに久しぶりに、8年ぶりに再会した友人と映画を観に出かけました(*^_^*)。


作品名:レ・ミゼラブル
観賞日:1月16日

1815年、フランス。
ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、空腹を抱えた妹の子どもに与えるためにパンを盗み、
その罪を問われて服役についた。家族を思う彼は脱走に脱走を重ね、刑は19年もの期間に及ぶ。
やっと仮釈放された頃には、彼の心はすっかり荒んだものになっていた。
ある教会で銀食器を盗んで捕まった彼は、慈悲深い司教のはからいで釈放され、後悔の涙にくれる。
そして8年が経った。
ジャン・バルジャンは工場主として成功し、市長になっていたが、その彼に忍び寄る影があった。
服役時代の彼を知るジャベル警部(ラッセル・クロウ)だ。脱走した自分の過去が暴かれるのではないかと
不安に襲われるジャン・バルジャン。そんな彼の前に、悲運の女性ファンテーヌ(アン・ハサウェイ)が現れた。
運命の絆が、彼女の1人娘コゼットと彼を結びつけることになる...。




オススメ度:★★★★★

いや、もう、ホントに、ぜひとも映画館で鑑賞なさってください! まだ上映中です。
ミュージカルが苦手と言われる方にも、自信もってオススメできる作品です。
(...ちなみに私は同じミュージカルでも「マンマ・ミーア!」ダメでした^^;)

原作を知っている方ならもう、ゼッタイに観てもらいたいなと思います。まったく違和感を感じません。
原作を知らなくても、大丈夫です。セリフのほとんどが歌になってますが、展開に遅れをとることはありません。

とにかく泣けます。聴き惚れます。感動します。

ミュージカルをこなしてきたヒュー・ジャックマンが素晴らしい歌唱力をもっていたのは知っていましたが、
まさか、ここまでとは!!

アン・ハサウェイのお母さんが舞台女優で、同じ役ファンティーヌを演じたことがあることを聞いてはいましたが、
まさか、彼女の「夢やぶれて」がこんなに感動的だとは!!






子どもの頃に読んだ「ああ、無情」。
今思えば、この日本語のタイトルをつけた方のセンスには脱帽です。無情 ...まさに、そのとおり。
悲しい男の人生を、歌で見事に表現したヒュー・ジャックマンの才能にうならされます。
ジャベル警部を演じたラッセル・クロウの歌唱力を低く評価する声もありましたが、
私は無骨な男ジャベルの味がとてもよく出ていたと思います。
ファンティーヌを演じたアン・ハサウェイは文句なし!!
コゼットを演じたアマンダ・セイフライドの歌声もとても綺麗でした(*^_^*)。
彼女は「マンマ・ミーア!」でも魅せてくれてましたよね!
...ときどき、彼女がなぜかケイト・ウィンスレットに重なりました。似てますか???
ハリポタのベラトリクス(笑)も出てました。
とにかく圧倒されたのは、主役級のキャストだけでなく、チョイ役まで本当に歌がうまい!
調べたら、みんな現役の舞台俳優なんだそうです。
その中で見劣りするどころか、逆に誰よりも輝いていた主演ヒュー・ジャックマン☆彡
力持ちで、心根は優しくて、というジャン・バルジャンのイメージに、ピッタリ合っていました。


これまで映画館は1人で行っていました。
今日はフィオナが隣にいたので遠慮していたんですが、それでも泣けて泣けて仕方ありませんでした...(T_T)。
数えきれないくらい感動的なシーンがあります。




ネタバレ注意です














  神父さまが「お忘れ物ですよ」と銀の食台まで差し出すシーン、
  フォンティーヌが娘のために身を落とし、「夢やぶれて」を歌うシーン(もう本当にすごいです、この場面)、
  フォンティーヌが命を落とすシーン(アン・ハサウェイ、演技巧い...)、
  コゼットの髪をなでながら、親のような愛情を彼女に感じているジャン・バルジャンのシーン、
  エポニーヌが恋に破れて歌うシーン(この女優さん、とてもいい!!!)、
  エポニーヌがマリウスの腕の中で眠るように息をひきとるシーン(切なすぎる...)、
  少年ガブローシュが銃弾に倒れるシーン(子役とは思えない存在感!!!)、
  戦友を失い悲しみにくれるマリウス(キュートな若手俳優さん、彼の歌声も素敵でした!!!)
  そして、、、最後のシーン。


役者陣の演技に、歌に感動したのはもちろんですが、革命の名のもとに、
多くの若者が命を落としていった非情な歴史にも思わず涙がでました。
「フランス革命」とひと言でいいますが、そんな短い言葉で語られるようなものではない。
たくさんの人が殺され、子どもが犠牲になり、血が流れた...。
反旗をひるがえしてバリケードの中にたてこもる若者たちの壮絶な死。
その血なまぐささは、少なくとも私が子どもの頃に読んだ物語からは感じることができませんでした。
映画のパワーを感じる作品です。







もう、いろいろ書きません。
とにかく、鑑賞しなければもったいない作品です。★5つでも足りないかも。


映画で聴きとれたセリフを少しご紹介します...が、今回はミュージカルなので、あまり書きとってません。




Let me see your paper.
(身分証を見せろ)


This man has spoken the truth.
(このお方は真実を語っておられますぞ)


Come on ladies, settle down!
(おいおい、お嬢さん方、落ち着きな!)


Let all be aware.
(ご命令ください)


Save your life, save your tears.
(命を大事にしろ。泣くんじゃない)



あまりに感動したので、このオーディオブックに手を出しました(-_-;)。

Les Miserables (Radio Theatre)Les Miserables (Radio Theatre)
(2007/03)
Victor Hugo

商品詳細を見る



★私の 映画鑑賞メモ をご紹介しています。


【ライバルの勉強部屋】
 英語学習者が集まるサイトです。楽習のヒントが、ここにあります。
 にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

Ryokoさん☆

yes, I watched the film at a movietheatre with my friend!
It was fantastic, and I can strongly recommend it to you. It's worth watching, I'm sure!

I had an experience to watch "Cats" in NY when I was 23, but I didn't have a clue what they was saying and singing on the stage because of my horrible English skill. What a waste! ^^;

> 実はこの映画でbishop役をされてるColm Wilkinsonはミュージカルのジャン・バルジャン役を作り上げたオリジナルのバルジャン役の俳優さんなんです。

What a news! I didn't know that! Thank you for letting me know it! He actually had an amazing voice and his song was extraordinary. He should have been the one who could play the main role like ジャン・バルジャン! In the new movie, his part (bishop) didn't stand out much, but I still clearly remember his song.

> 下のリンクは10th Anniversaryのドリームキャストのコンサートですが、Colm Wilkinsonがバルジャンを演じてます。個人的にはこのドリームキャストが演じるLes Misが1番好きです。リンクのビデオはフィナーレです。もしよかったら見て下さい。いつ見てもこのシーンは鳥肌が立ちますe-446
>
> http://youtu.be/_afrqUtzrF0
>
> このコメントを見られてお分かりになると思いますが、私はLes Misの大ファンですe-266

Let me be your company! Now I'm fan of the movie like you are!
I'll watch the site you've just showed me. Thank you!!!

2013/01/23 (Wed) 18:36 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Ryoko  

No title

映画を見られたんですね〜!私も映画で見たいのですが娘が大きくなるまではDVDで我慢しなければいけなさそうです。学生時代にNYのブロードウェイでミュージカルを見たときは終止泣きっぱなしでしたよ。このミュージカルすばらしいですよね!!実はこの映画でbishop役をされてるColm Wilkinsonはミュージカルのジャン・バルジャン役を作り上げたオリジナルのバルジャン役の俳優さんなんです。多くの人達に彼のジャン・バルジャンにかなうものはいないとまで言われるすばらしい歌声を持つこの役者さん、ヒュー・ジャックマン曰く「自分自身のバルジャンを作り上げるんだよ」とhumblyにバトンタッチをしてくれて感動されたらしいです。私自身も彼のジャン・バルジャンは大好きでした。ヒュー・ジャックマンのバルジャンはどんな感じなのか見るのが楽しみです。彼のインタビューのビデオのリンクを貼付けますね。

http://youtu.be/1n9O7Npwjlw

下のリンクは10th Anniversaryのドリームキャストのコンサートですが、Colm Wilkinsonがバルジャンを演じてます。個人的にはこのドリームキャストが演じるLes Misが1番好きです。リンクのビデオはフィナーレです。もしよかったら見て下さい。いつ見てもこのシーンは鳥肌が立ちますe-446

http://youtu.be/_afrqUtzrF0

このコメントを見られてお分かりになると思いますが、私はLes Misの大ファンですe-266



2013/01/22 (Tue) 04:57 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。