スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会いたい」



1121yuchoYC-20121121-1.jpg


おススメ度 ... ★★★★☆

アメリカの高校に留学中だったジョンウ(ユチョン)は韓国に帰国、
父に会いに行く途中で、寂しげな影のある美少女スヨン(ユン・ウネ)を偶然見かけた。
その後、雨の日の公園で、ずぶぬれのまま黄色い傘を貸してくれた彼女と親しくなるジョンウだったが、
少女の父親が殺人犯であることを知り、悪いウワサやイジメを恐れて距離を置こうとする。
「私は誰も殺してない」、そう涙するスヨンに心を痛めたジョンウは、「俺と友達になろう」と宣言。
しかし、親友のように近くなっていく2人の距離を遠ざける、ある残酷な事件がスヨンを襲う。
彼女の身にふりかかったその許しがたい犯罪は、ジョンウの父にからむ財産問題の闘争が原因だった。
そうとも知らず、大人達の汚れた金銭欲の犠牲となってしまう4人の少年少女たち...。
心を寄せていたジョンウの目の前で性犯罪に巻き込まれるスヨン。
傷ついた彼女を1人残し、その場から逃げ出してしまったジョンウ。
ジョンウの父の欲望により、たった1人の肉親である母と片足の自由を奪われたヒョンジュン。
そして、スヨンを探すために出て行った父を、ヒョンジュンによって殺されてしまったウンジュン。
14年の歳月が流れ、過去のおぞましい事件は風化していたはずだった。
運命のイタズラが4人を引き会わすまでは...。




オススメ度は★4つにしましたが、ハマリ度となると、実はもっと高いです、この作品。★5つ。
全21話のドラマでしたが、先が気になって気になって仕方ありませんでした。
視聴率は「チョンウチ」に続いて第2位。10%前後の数字で、それほど爆発的な注目作品ではありません。
でも、衝撃的な作品でした。
ハマった人は結構な数になるんではないでしょうか。

まず、役者陣の演技がそれはそれは素晴らしかった。

評価の高いユチョンの演技は、コミカルなものからシリアスなものまでお見事でした(*^_^*)。
ここぞというときに、ポロリ とこぼす涙は、「成均館スキャンダル」の頃と変わらずファンを惹きつけます。
私が特に気にいっているのは、、、、あ、ネタバレになりますね(-_-;)。
コミカルな表情や仕草がとても魅力的だったユチョン、キャラクターに入りこんでいるのが伝わってきました!! 

入隊が決まった若手俳優ユ・スンホはもう、主役を食ってしまうくらいの存在感でした!
(食われずにすんだのは、ユチョンの演技もすばらしかったから)
演じ方によっては観客に敵だけを作ってしまいそうなキャラクター、ヒョンジュンでしたが、
哀れさを覚える存在にしあがったのは、なんといってもユ・スンホの演技力の高さのお陰です。

ユン・ウネ、彼女はこの作品で新境地を開いたのではないかと思います。
コミカルな演技が得意だと思っていましたが、感情を殺す演技、感情を吐き出す演技、本当に見事でした!
最初は「逃げて」ばかりだったスヨンというキャラクターが、次第にジョンウの心境や逆境を知ることとなり、
過去にしっかり「向き合う」ことのできる女性に。
ラストシーン、ジョンウをかばうスヨンの凛とした強さを演じたユン・ウネ、見事でした。

スヨンの母親を演じたベテラン俳優、ソン・オクスクの演技には、もう何度も泣かされました。
掃除のおばちゃんもよかったし、最後まで私の予想を無視して現れなかったキム刑事もよかった。

音楽もすごくかっこよく、場面場面にあっていました。
展開もスピード感あったし、最後までハラハラ、ドキドキ、しながら観られたドラマです。


....でも。
さすがに、少女の身にふりかかった事件の残酷さに、私は2回目の鑑賞は多分しないと思います(-_-;)。
本来ならば、ほかの作品「太陽を抱いた月」「屋根部屋の皇太子(プリンス」」みたいに、
日本語字幕版が出てから、きちんと内容を把握しつつ鑑賞ししたいところなのですが、、、
第3話(だったかな?)のあの酷な場面と向き合うエネルギーがありません。。。


이 드라마는 여기까지.
(このドラマは、ここまで)


関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

canteenさん☆

あのエンディングは、あのエンディングで、、、まあ、いいかなとも思うんです。
やはりスヨンには最後、笑って生きていって欲しいから。
でも、ああいう終わり方にするんだったら、何もスヨンの少女時代をあんなにしなくても、
ジョンウとの初恋の後、スヨンが、ジョンウ父とヒョンジュン母の陰謀(犯罪か何かを目撃して??)に巻き込まれ、さらわれ、とらわれ、ヒョンジュンはスヨンを監視するように異国の地かどこかで生きて、そのうちスヨンもヒョンジュンに弟のような気持ちがめばえ、異国で2人で助け合って生きてきて、、、
...でもいいじゃないかと(-_-;)。なぜ性犯罪を盛り込む必要があったのか??? 疑問です。
盛り込んだら盛り込んだで、最後までメンタルケアをしてほしかった。
きっとスヨンは男性に対して恐怖感をもってるはずで、人に対する不信感をどうやってジョンウが償うか、そこを描かないで「どうするん!?」と思ってしまいました。。。

その点、「成均館」は、、、、正直言いますと、あのエンディングは、あの作品においてはあまり好みではないんですが、それまでの内容がもう最高級に面白かったですし、うまくまとめたといえば、まとめてるし、納得です。
「屋根部屋」に関してはもう、これ以上ないくらいの切なさとハッピーさが盛り込まれた最高の終わりかたでしたよね!!!! (アツくなる。。。)


> ともあれ、Emiさんの感想、ディクテーションでドラマの面白さが増しました。ありがとうございました。

いえいえ! こちらこそ、canteenさんのコメントのお陰で、21回、続けることができました!
정말 감사합니다!


> 韓国語をちゃんと勉強しようと「凜」という入門のテキストを買って勉強中です。次のユチョンのドラマまでに少しはレベルを上げたいです。

canteenさん、、、、、、買っちゃいました!
この canteenさんのコメントを拝見して、、、、、買っちゃいました!!!

2013/01/21 (Mon) 17:22 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

canteen  

こんにちは

最終話を見終わって、私はモヤモヤ感だけが残ってしまいました。決して死なせたかったわけではないけど、このハッピーエンド、納得できません。
Emiさんのおっしゃるとおり、最後の21話は必要だったのか・・・疑問です。

もしかしてユチョン自身も不満なのでは、と。ドラマが終わっていつも以上に勢いよく短髪にしたのは心残りを払拭したかったから?と勘ぐってしまいます。


「成均館」がベスト、同感です。 今またより一層見たくなりました。

ともあれ、Emiさんの感想、ディクテーションでドラマの面白さが増しました。ありがとうございました。

韓国語をちゃんと勉強しようと「凜」という入門のテキストを買って勉強中です。次のユチョンのドラマまでに少しはレベルを上げたいです。

2013/01/20 (Sun) 18:40 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。