スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TOEIC」対策、独学にこだわったその理由

英語の学びなおしを1からスタートして、早いもので15年が経過しようとしています。
この15年の間に TOEIC は、8回 受験しました。
最初の5回くらいまでは受験するのがただただ楽しく、英検のように合否がでない仕組みに安心しきっていました。
それが、700点台をだしたあたりで、欲がでるようになり、、、
早くAランクの世界が見てみたくなりました(^_^;)。
この時期に英検準1級にトライし始めたこともあり、ますます好成績を狙いたい気持ちが強くなったようです。


先日の記事に、「TOEIC」対策を独学にこだわってきた という内容の文面を書きましたが、
厳密に言うと、他力本願になった時期はこれまで何度もありました。
私の友達には、TOEIC にとても詳しい方が何人もいます。
英語雑誌の誌面に登場されたこともある現役 TOEIC講師 izumiさんをはじめ、
アビメだのフォームだのという言葉を学ばせてもらったブログ仲間の方とも、たくさんお知り合いになりました。
教材も何冊か買ったり借りたりしました。
でも、やっぱり自分のやり方で TOEIC を受けていこう という結論に至り、
英会話サークルで知りあってから、師匠と呼んできた izumiさんのレッスンも受講することなく、
公式問題集を暗記したり、対策本を読んだりすることを学習の中心に据えることをあえてしませんでした。


なぜか???






                    ...1人旅を楽しみたかったからです。




TOEIC に詳しい方のレクチャーを聞けば、うんと受験が楽になることも、結果がでることもわかっていました。
でも、私は TOEIC力 に頼ってしまうのが、ちょっと怖かったんです。
怖いなと最初に感じたのは、ある1冊の TOEIC 対策本を図書館で借りて読んだときでした。
パート2の問題について、なんと、こんなアドバイスが書いてあったんです。



設問に出てきた単語と同じ単語がでてきた選択肢を選ぶべからず。

その選択肢は、誤答に誘導する英文で、正解ではない。




具体的に言うと、たとえば、、、


Let me know if you can have lunch with me before the meeting.

1) Yes, I ate lunch yesterday.
2) I'm looking forward to meeting you.
3) I will.


これは私が勝手につくった例文なので恐縮ですが、こんな感じだと説明するのにわかりやすいかと思います。
1) と 2) は、ハズレ。
なぜなら、設問にある単語 lunch  と meeting が含まれているから。







.....これって、いいのだろうか(-_-;)。


正直、すごい衝撃を受けました。対策といえば、対策です。
差し迫った事情で高得点を狙いたい場合には、とても有効な対策かと思います。
でも、、、私にはあわない。あいませんでした。
私にとって TOEIC は、独学の成果を試す物差しだったからです。
時間配分をあまり気にしなかったのも、何度も登場するという使い回しの問題に気を配ってこなかったのも、
ちゃんとした英語力があれば、きっと細かいことを気にしなくても問題は解けるのだろうし、
自分がそのレベルに到達するまでは、無理につま先立ちして歩くのはよそうという気持ちがあったからです。

もし、私が英語を使わなければならない環境にあったとしたら、きっと考えは違っていたと思います。
幸か不幸か、私は自分の英語がどんな風に活かせるのか、果たして活かせる日がくるのか、
まったくもってわからない状況にありました。
ずぼらな私には TOEIC問題集を解きながらの学習法があわず、、、それも TOEIC レッスンを受けなかった理由の1つです。


語学学習は旅のようなもんです。

詳しいガイドがいれば、TOEIC の旅はもっと楽しく、もっと刺激的で、価値ある発見も多かったろうと思います。
でも、私はあえて「1人旅」を選びました。
あちこち寄り道もするし、道を見失ったりもするし、地図もよく読めなくてアタフタしてきましたが、
それでも「1人で頑張った」という喜びは、目的地に達するたび大きいものがあります。

独学で始めた英語、最後までできるだけ独学で旅したい。
それが、これまでの、、、そして、これからも、ガンコで融通のきかない私の学習欲であり続けるんだろうなと思います(*^_^*)。
関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

Night Owlさん☆

こんにちは! コメントありがとうございます^^
Night Owlさんも数回のみの受験なんですね。TOEICの受験料は安いものではないので、
私もそんなに頻繁に受けられません(涙)。
2年はそのスコアの効力があるので、最近はとくに「期限切れ」になったら慌てて受ける,,,
という感じです。

TOEICのための勉強は、けして無駄ではなく、ビジネス英語に詳しくなったり、英語の広告に慣れたり、
いいこともたくさんあると思います。
でも、スコアに縛られることは、私もあまりしたくありません...。
今日の記事に書きますが、結局スコアに出てくる数字はあくまで【物差し】で
英語力の【保障】にはなっていないんですよね^^;

> でも一方でTOEICでスコアアップすることを英語を続けることに対するモチベーションにする人もいるわけで、それもまたすごいことだと思います。その努力は素晴らしいです。

同感です!

> 受験に際し対策を練る方が少なくないから、余計に「私がこだわらない理由」と書かれているのかもしれないですけれど、もっと楽に考えていいんじゃないでしょうか。私がそう感じただけで、ご本人は構えてないのかもしれませんけれど(^O^)

はい、それほど構えて書いた記事ではありません(^_-)-☆。
ただTOEICリスニング満点をとれたことで、
以前よりはもう少し「自信をもって」記事が書けるような気がします。
批判されても平気でいられそうです^^
結局のところ、スコアって他人が感じる評価であるんだろうなと思います。
当の本人はというと、、、そんなに「すごさ」は感じません。。。
変なものですね^^;

2013/02/11 (Mon) 09:03 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  
Emi2号">

Emi2号  

kitakuriさん☆

> 900点超え、そしてL満点おめでとうございます!

ありがとうございます! 思いがけなくいい結果をだすことができました^^
結果より何より、「楽しくリスニングパートに取り組めた」というのが、
私には初めての経験だったので、とても嬉しいです(*^_^*)。

2013/02/11 (Mon) 08:54 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Night Owl  

興味深く読ませて頂きました。私はずっと前に数回受けただけです。リーディングが低かったのに比べてリスニングが満点でその時は嬉しく思いました。でも数問落としても満点になることがあると知ったこともあり(TOEICのスコアのしくみすら分からないので、私が受けた回がたまたまそういうことだったのかもしれません)なんかスコアにこだわるのって疲れると感じ、受けていません。独学でTOEICに特化せずというやり方、理解できます。受験競争を生き抜く(生き抜いてきた)日本人らしく、分析し対策を練り、お金を払ってまで講座を受け、スコアアップにつなげる方がいるのも否定しません。本当にそれぞれの考え方ですから、何が正しいというものではありませんよね。私がそこまでしないだけで。イギリスでバリバリ働いている日本人が「TOEICで満点を取っても海外のビジネスシーンでろくに仕事ができない人はたくさんいる」と言うのを読んで、自分がリスニングのスコアが高くても映画を字幕なしで通しで見られない、ニュースが聞き取れない、リーディングである程度のスコアが取れていても経済紙はもちろん、小説がすらすら読めて理解できているわけでもない、ましてやネイティブと仕事など出来るわけもない。自分のムラの多さにTOEICで高得点を取るってなんだろうと思ったりもしてきました。

でも一方でTOEICでスコアアップすることを英語を続けることに対するモチベーションにする人もいるわけで、それもまたすごいことだと思います。その努力は素晴らしいです。

受験に際し対策を練る方が少なくないから、余計に「私がこだわらない理由」と書かれているのかもしれないですけれど、もっと楽に考えていいんじゃないでしょうか。私がそう感じただけで、ご本人は構えてないのかもしれませんけれど(^O^)別に批判されたわけでもないでしょうけれど、自分の好きなものを読んだり聞いたりしながら、自然に総合的に英語力がアップしたなんて理想的な気がします。おめでとうございました!

2013/02/09 (Sat) 22:40 | EDIT | REPLY |  

kitakuri  

Emiさん、こんばんは。
コメント遅くなりましたが
900点超え、そしてL満点おめでとうございます!
さすがですね~。やっぱり私の師匠です。(^^)
少しずつ私の生活も落ち着きつつあるので
また頑張りたいと思います。
それでは、また~(^O^)/

2013/02/08 (Fri) 22:49 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。