スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を揺さぶるセリフたち ~第5話~



トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>DVD-BOX1トキメキ☆成均館スキャンダル<完全版>DVD-BOX1
(2011/04/22)
ユチョン、パク・ミニョン 他

商品詳細を見る



第5話 奇跡に向かって


변명과 핑계 만들은 그 어떤 것도 해결할 수 없다.
(弁明や口実など、なんの解決にもならない)



20110702171654131.jpg

またまたアン・ネサン演じるチョン・ヤギョンのセリフです。
どきっとするような名ゼリフをホントによく吐くキャラクターであります(*^_^*)。
「ピョンミョングァ ピンケマンドゥルン クオットンゴット ヘギョルスオプタ」と聞こえるこのセリフ、
いつもどおり聴こえたままディクテーションしましたが、文法的に自信がない箇所がいくつか(-_-;)。
ネイティブに確認してもらっているところです。

변명(ピョンミョン) ... 弁明
핑계(ピンケ) ... 口実
해결하다(ヘギョルハダ) ... 解決する


校医でもあるチョン・ヤギョンに、とうとう女であることがバレてしまったキム・ユンシク!!
脈をみるだけで性別がわかるって本当なんでしょうか???
「母と病気の弟のために、しかたなく男装していたんです」許しをこう彼女に対し、
チョン・ヤギョンは「それは弁明に過ぎない」と厳しい態度を示します。
やってしまったことは、まず詫びる。
この姿勢は、後にイ・ソンジュン(ユチョン)のセリフにも垣間見ることができます。


   

【チョン・ヤギョンの名言】
      弁明や口実に逃げるな。なんの解決にもなりはしない。





もっと知りたい!韓国TVドラマvol.42 (MOOK21)もっと知りたい!韓国TVドラマvol.42 (MOOK21)
(2011/04/19)
不明

商品詳細を見る


気になる1冊。
ドラマ中に登場するセリフの解説もあるそうです☆彡

関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。