スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「韓国語ジャーナル」よ、さようなら



とうとう、この日が来てしまいました...。
2002年6月に創刊されたアルクの「韓国語ジャーナル」が、第44号をもって休刊することに。


韓国語ジャーナル44号 (アルク地球人ムック)韓国語ジャーナル44号 (アルク地球人ムック)
(2013/03/16)
韓国語ジャーナル編集部

商品詳細を見る


10年の歴史に幕をおろす第44号の表紙を飾ったのは、DJを務めていた歌手 K.Will 。
彼の声はとても耳に心地よくて、新DJに決定してからは特に楽しみに購読していました。
初級レベルから抜け出せないでいる私の韓国語レベル、この雑誌はあまりにレベルの高い内容でしたが、
お粗末な理解力でも楽しめる韓国の文化や物語がおもしろく、CDもくり返し聴いていました。
生の韓国語がたっぷり収録された月刊誌が、諸般の事情により休刊になってしまうなんて、
...とても寂しいです(-_-;)。
第44号はといいますと、10年の歴史を思い切り回想する内容になっていて、
「これって、本当に休刊ですむんだろうか」と、実はちょっぴり廃刊気分を味わってしまったんですが。


第44号特別付録の「辞書にない韓国語」、これはいい!
88の新造語、流行語、俗語、略語、ネット用語、慣用表現などが冊子になっています。
辞書では調べられないんですよね~~~~。こういうのって。

特に「お!!」と思ったコンテンツは、冊子末尾にどんと収められているスペシャル記事、
「珠玉のお役立ち学習記事 ~初中級編~」です。
これまでの「韓国語ジャーナル」のなかで人気が高かった特集や連載が再掲載されています。
読み応えあります!!
音声ダウンロード付きとあっては、文句なし。
ダウンロードサービスの終了日は未定ということですが、できるだけお早めにということです(*^。^*)。


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。