スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九家の書」第1話を鑑賞しました



f5d18db8.jpg

イ・スンギとスジ主演の話題作、「九家の書」第1話を鑑賞しました(*^_^*)。
韓国で放送がスタートしたばかりの新作ですので、細かいところは「想像力」で補ってる状態ですが、
ディクテーションしたセリフと併せて、少しだけ感想を書いていきたいと思います。

第1話を観ての感想は、、、、




キレイで、汚ない、そんな展開ではじまった(-_-;)




娘をもつ親として、女性が乱暴されるシーンは見るに堪えません。
大好きなユチョンの「会いたい」も、それが理由で2回目の鑑賞なし!!になっています(涙)。
この「九家の書」も、謀反の罪を着せられたことで両班の息女がキーセンの身分に落とされ、
欲にまみれた男の餌食になりそうな、、、そんな展開でスタートしました。

このドラマはフュージョン時代劇で、クミホという妖怪(?)も登場するファンタジードラマです。
特撮がどうかなと思ったものの、いやはや、とてもキレイな映像で見惚れました!
人間の娘に恋するクミホを演じる俳優さんが、、、、オモ、モシンヌンナムジャエヨ(*^_^*)。


聞きとれた(ような気がする)セリフの一部をご紹介します。和訳は自己流です。


기생따위? 그렇구나.
(妓生なんかだって? そうかい)

도와 주세요.
(助けてください)

난 절대로 기생따위 되지 않을게야.
(何があろうと妓生などになるものか)

지지 않을게야.
(屈するものか)

그만하세요!
(やめなさい!)

말도 안돼.
(ありえない)

어느 저기요??
(どっちだ??)

몸이 좀 괜찮서?
(体は大丈夫か?)





第2話は、、、、
人間になることを決意したクミホの彼が、彼を慕うようになった両班の娘と繰り広げる恋物語が描かれ、
そして悲しく別れていく場面までを描いているようです。
引き続き鑑賞したいと思います☆彡

関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。