スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すみません」




不好意思。
(すみません)




6月3日放送の「まいにち中国語」で習ったばかりのこの表現、あるドラマにも出てきました。
場面は、レストラン。
食事を運んできたウェイトレスが「失礼します」のニュアンスで使っていたのですが、
直訳すると「恥ずかしい」という意味になる、この不好意思。
「ごめんなさい」という意味の他に、「失礼します」という意味でも応用がきくんですね。
もう1つの場面は、救急隊員のセリフ。
「じゃ、帰ります」というニュアンスで、この表現を口にしていました。

習った表現は、即実践! 先日、ネイティブにもさっそく使ってみましたが、通じる度★★★★☆でした。
ピンインどおりに読めば、そんなに難しい発音ではなさそうです(*^_^*)。


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。