スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crazy Busy?




NHK ラジオ 実践ビジネス英語 2013年 06月号 [雑誌]NHK ラジオ 実践ビジネス英語 2013年 06月号 [雑誌]
(2013/05/14)
不明

商品詳細を見る


今週のお題は Crazy Busy(超多忙)ということですが、ピンとひらめいたマーシャ先生のCDブック。



いつでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)いつでもラジオ英会話 (NHK CD‐extra book)
(2002/03)
マーシャ・クラッカワー

商品詳細を見る

58ページのスキットのなかで、"Crazy busy, huh?" というセリフがでてきたんでした。
ずいぶん前の放送ですが、超多忙という感覚は、今も昔もそんなに変わってないのかもしれません。
杉田先生の「実践ビジネス英語」、結局テキストを買いました。
久しぶりに買って、その薄さをあらためて実感...(-_-;)。
でも、あらたにお目見えした リサ・ヴォート先生の Our Magical World というコーナーを読んで、
これは420円を払っても惜しくない!と感じました。
とてもタメになる、面白いコーナーです。これからも楽しみに購読しようと思います。

昨日の放送、リアルタイムで聴きました。
忘れないうちに勉強した内容をメモしておきたいと思います。



Crazy Busy (2)

be run off your feet ... to be extremely busy
ふと思い出したのが、「ローマの休日」にでてきた be up to one's neck という表現。
これも、やることいっぱいありすぎ、というニュアンスをあらわす表現でした。

oodles of ... a large amount of something
これ、古臭い表現と辞書に載っていましたが。


tyke ... a small child, especially one who behaves badly
これはアメリカの口語表現なんだそうです。
テキストにも書いてあったし、杉田先生も番組の中で言われていました。
でも、これはイギリスでも使われる表現だと解釈してます。
「ハリー・ポッターと賢者の石」第1巻に、しっかり登場していた単語だったからです。


Harry Potter and the Philosopher's StoneHarry Potter and the Philosopher's Stone
(2001/10/08)
J. K. Rowling

商品詳細を見る

冒頭も冒頭、第1章がはじまってすぐの8ページに、バーノンおじさんのこんなセリフがあります。


Little tyke.



いたずらっ子の息子ダドリーに向かってかけた言葉です。


goof off ... to spend your time doing nothing
これも、マーシャ先生のCDブック「まるごとラジオ英会話」で学びました。



Comment

Emi2号">

Emi2号  

Re: タイトルなし

Ryokoさん、こんにちは!

おかしな話ですが、仕事をはじめて「やれ忙しや」と感じることが減った気がします。
家にいる時間はうんと減ったのに、時間の使い方がうまくなったのかもしれません。
...そりゃならざるを得ないですよね、趣味にもあれこれ手を伸ばしていますから^^;
以前に働いた頃と比べたら、子どもはもうほとんど手がかからないし、楽です。

お引っ越しされるんですね!
ぜひぜひまた、お話しましょうね!!!

2013/06/08 (Sat) 13:57 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Ryoko  

"Crazy busy"ってタイトルにあったので、てっきりEmiさんのcrazy busyな日常の日記かと思いました(^^)。お仕事とママ業、そして3カ国語の同時学習でお忙しいと思いますけど、どうですか?お体に気をつけてがんばってくださいね!!

夏は私達の方は引っ越しする予定なのでしばらく私達の方もバタバタしそうです。でもEmiさんのお時間ができたらお知らせくださいね。私達も都合が合えばぜひチャットタイムしたいです!

ではまた〜!!

2013/06/08 (Sat) 07:19 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。