スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私も、「英語じゃない話題」



「英語とは関係ありませんが...」と書かれていた kitakuriさん の記事を読んで、私も書きたくなりました。
kitakuriさんは、共通のお友達である ピッピさん の記事に刺激を受けたと書かれてます(*^。^*)。
私も「おお」と思いながら、ピッピさんのブログを読みましたので、思わず笑ってしまいました。


3人とも読んでいたんですね、王道の月刊マンガ雑誌 「りぼん」 (●^o^●)。



小学校~中学校の頃に読んでいた記憶があります。
お小遣いで買っていたから、、、中学校だったのかな???

私が夢中になっていたのは、


ときめきトゥナイト 新装版 1 (りぼんマスコットコミックス)ときめきトゥナイト 新装版 1 (りぼんマスコットコミックス)
(2011/11/15)
池野 恋

商品詳細を見る


真壁くん、素敵でした。


月の夜星の朝 (3) (りぼんマスコットコミックス)月の夜星の朝 (3) (りぼんマスコットコミックス)
(1984/05)
本田 恵子

商品詳細を見る


このマンガが理由で、バスケ部に所属すること、8年間。
りおと遼太郎のプレイに憧れて(^-^)。


独り言でした。

関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

Re: タイトルなし

kitakuriさん、こんにちは!!!!
ご無沙汰してしまって、すみません!!!!

当時は「なかよし」か「りぼん」か、じゃなかったでしたっけ????
私は断然「りぼん」でした。
子どもながらのその理由は「なかよしは子どもっぽすぎる」...(-_-;)。
子どもがよく言ったもんですわ。


> 私が読んでた当時、「りぼん」で「君もマンガ家になれる!」という特集があり、単純な私は「よし、マンガ家になろう!」と固く思っていたのでした。

あ、これでもしかして、ちびまるこちゃんが出てきたんじゃなかったでしたっけ????
私このマンガが賞をとるときのオーディション、リアルタイムで読んでましたよ!!!

2013/06/27 (Thu) 15:55 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  
Emi2号">

Emi2号  

Re: タイトルなし

ピッピさん、こんにちは!
最近、パソコンの前に座っている時間がぐんと減りましたが、、、勉強しているわけでもなく(-_-;)。
スカイプもなかなかできていません。最後に話したのは、いつだろうという感じです。
なので、英語を話す時にもたつく感じがでてくるようになりました。
いけませんね、こんなんじゃ。。。

> 確か、「ときめき・・」はアニメになり、「月の朝・・」は実写の映画かなんかになった記憶が。

そうなんですよ!
アニメは欠かさず観てました。実写になった「月の夜...」は、もうがっかりのひと言で。
りおが全然イメージとあわなかったし、りょうたろうときたら、もう。。。
バスケをしたことがない役者さんには、あの作品は演じてほしくなかったです!!!!
華麗なプレイがあのマンガの見どころの1つなのに。
私が購読していた頃、ちびまるこちゃんの連載が始まったんですよ。
懐かしいです。
最初、え~~~なにこのマンガ。なんて思ってましたが、今も続いているのは凄いですよね~~~。
私に見る目がなかっただけでした(笑)。

2013/06/27 (Thu) 15:52 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

kitakuri  

おお!Emiさんも!!
私もやや(?)歳の差を・・・。
だって、ときめきトゥナイトが連載されてた頃は私、絶対りぼん読んでないですもん。^^; 
でも、池野恋という作家や、真壁くんて名前に聞き覚えがあるのはテレビで見たことあったのかな。
私が読んでた当時、「りぼん」で「君もマンガ家になれる!」という特集があり、単純な私は「よし、マンガ家になろう!」と固く思っていたのでした。りぼんの影響力ってすごいですね。(^O^)

2013/06/25 (Tue) 11:51 | EDIT | REPLY |  

ピッピ  

来てみました~(笑)
Emiさんとの年の差をちょこっと感じました(爆)
確か、「ときめき・・」はアニメになり、「月の朝・・」は実写の映画かなんかになった記憶が。どっちも原作のイメージがあるからやめてー😢と思ったものです。kitakuriさんと三人でプチタイムスリップできて、楽しかったです。

2013/06/25 (Tue) 00:55 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。