スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひと耳惚れのシンガーソングライター ~韋禮安~



ジュンスほど、がっつり心をつかんでくるアーティストにはなかなか出会えるもんじゃないと思っていたら、、、
出会ってしまいました。
台湾出身のシンガーソングライター、韋禮安(ウェイ・リーアン)。
ひと耳惚れしたのは、ご紹介する動画の1:50頃に始まる「還是會」というタイトルの楽曲。
...いやあ、もうこれには、素晴らしいの言葉しかでません。





残念ながら、彼のCDはアマゾンになく、、、、このドラマのOSTに頼るしかなさそうです。

イタズラな恋愛白書~In Time With You~(我可能不會愛你) 台湾TVドラマOST (台湾盤)イタズラな恋愛白書~In Time With You~(我可能不會愛你) 台湾TVドラマOST (台湾盤)
(2011/10/19)
Various Artists

商品詳細を見る


なんとか彼の1stアルバム、2ndアルバムを手に入れたい。
ほかにも何曲か、彼の作った楽曲を聴いてみたんですが、どれもこれも私好み。
彼の歌声には、癒しの効果を感じます。。。。

韓国のジュンスがテクニックでぐいぐい魅せてくるアーティストだとしたら、
ウェイ・リーアンは、テクニックの素晴らしさはもちろん、
あったかい「心」を感じるアーティスト、って感じでしょうか(*^。^*)。
いえ、ジュンスに❤がないと言っているわけではありません。
そうじゃなくて、
圧倒的な歌唱力と芸術的なパフォーマンスで攻めてくる「戦士」のようなアーティスト、
それがジュンスだとしたら、
ウェイ・リーアンは、優しさと切なさを武器にする「語り部」のようなアーティスト。
表現力が足りず、うまく言えませんが(-_-;)。


ただ、、、ウェイ・リーアン。
彼の歌を聴いていると、ホンワカ気分になるのと同時に、無性に悲しくなるのは何故だろう。
なのに、不思議と何度も聴きたくなる。
夕方に彼のアルバムを聴いたら、、、プリンスエドワード島のあの景色を思い出しそう。


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。