スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いけるぞ、中国語。



出勤途中の車の中で聴いた今朝の「まいにち中国語講座」、運転中なので当然テキストは手元になく、
耳で聞いた音をそのまま言えるように何度かリピートしてから、
中国出身の女性2人をつかまえて「この中国語、なんて言ってるかわかる?」と聞いてもらいました。



看来她今天不来了。
(どうやら、今日彼女は来ていないみたいです)




発音は、、、「カンライ タ ジンティエン プ~ライラ」のようになります。
帰宅して、購入したはずの今月号のテキストを探してみたのですが(情けないことに失くしているという...)、
狭い家のどこを探しても見つからず...あれぇ???(-_-;)。
たぶん、中国語のタイピングは間違っていないと思います。もし間違っていたら、すみません。
英語の発音は昔も今もあまり褒められたことがないのに、
なぜか中国語に関しては発音をほめられることが非常に多い。
このひと言も、まったく問題なくネイティブに通じました。

ただ今、私の中国語学習はNHKラジオ講座から大きく離れ、これらの教材を使用しています。

国民的中国語教本 ときめきの上海国民的中国語教本 ときめきの上海
(2003/09)
相原 茂

商品詳細を見る



この教材のいいところは、ズバリ「ドラマ仕立て」であること!
私にはやはり、ストーリー性のある教材が1番あっているような気がします。
飽きずに長く勉強できるのがいいし、なにより覚えたフレーズを忘れない。
表現は場面とセットで覚えるって、コミュニケーション重視の語学学習には大事ですね☆彡


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。