スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語リスニングが苦手な理由



英語のリスニングが苦手という理由には、いったい何があるんだろう???
学習者なら、みんなもちろんリスニング学習は無視していないはずだし、
海外経験がないというバックグラウンドと年齢と環境が一緒なら、そんなに差はつかない気もします。
でも、確かに、リスニングの得手不得手は現れる。
その理由って、、、、????


理由はわからなくても、苦手と感じる「きっかけ」なら、なんとなく想像がついていました。
1つには、ネイティブや友人と英語で話していて、うまくついていけないと感じるとき。
もう1つは、TOEICや英検などで、思ったようにスコアがとれないとき。...ですよね(-_-;)。

夏休みに読んだ  逆をやってみよう―Dr.ファンズローの英語教授法 という本の中に、
1つの可能性を見つけた気がしました。ほんの少しですが、抜粋してご紹介します。


「よく聞いてください」という指示の限界


(中略)

みのる:読解の教科書で文章の後に質問が書いてあるように、聞きとりの教科書も、聞いた後に質問を読むようになっているものが多いですね。どうしてでしょう。

ジョン:たぶん、生徒に彼らが何をわからないのか教えてあげようとしているんでしょう。難しい問題です。ああいう質問は、comprehension questions といわれることがありますが、生徒が理解したかではなく、何を覚えているのかチェックしているような気がします。

みのる:著者は生徒に、難しい質問に答えられたときのいい気分を味わわせてやりたいと考えているのかもしれません。あるいは、チェックのために質問をするのが、習慣になっているのかもしれません。理由は何であれ、聞きとりの教材を作る人たちの中には、教室の外で私たちがどうやって母語や第二言語を聞いているのかを忘れてしまっている人もいるようです。

ジョン:どういうことですか。

みのる:何もかも聞くことは、まれなのです。



何もかも聞くことは、まれ。
...私にとっては、何もかも聞くことなど不可能です(-_-;)。
日本語の会話でだって、よく主人や子どもから「この前ちゃんと話したじゃん!!」と怒られる私です。
情報処理能力が足りない私には、「覚えておきなさいよ、あとで質問するから!」というリスニング試験は
ある意味、拷問のようなものかもしれません。
「すべてを聞くことはまれなのです」だとしたら、やはりリスニングには先読みが必要なのか。

こんな私でも、TOEICでリスニング満点をとりました。
だからといって、もちろん、パーフェクトに英語の聞きとりができるようになったわけではありません。
興味のない会話はスルーしてしまうし、知らない単語がでてくれば迷子になります。
結局は、、、、要領? 運? なに?


英語のリスニング試験は、普段の会話におけるリスニングに必要な力とは、
まったく異なる力を(も)テストしてるってことだろうか???


「リスニングが苦手~~」という私の友人のほとんどは、
まったく問題なく英語でおしゃべりが楽しめる方たちばかりです。
英語でのおしゃべりに問題がないのだから、それはそれで構わないんじゃないかという気もするのですが、
それじゃ悩みの解決策にはならないし(-_-;)。
先読みできない普通の英会話で問題なく楽しめるんだったら、
それこそ、そっちのほうがスゴイような気がします。

いったい、リスニングのスコアって、なんなんでしょうね。
記憶力をはかるテストだとしたら、私にはお手上げです。

関連記事

Comment

Emi2号">

Emi2号  

Ryokoさん☆

はい、ぜひぜひ交流しましょう!
...とはいっても、最近まとまった時間がまたとりにくくなり、、、
失礼ばかりでスミマセン。

2013/09/15 (Sun) 07:58 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Ryoko  

ありがとうございます。そうですね、これからもお互いに知識の共有してお互いをinspireしていけたらと思います(^^)。最近は本を読む余裕もなかったんですけど、読書の秋になってきた事だし...そろそろEmiさんに負けないように読書を再開していこうかなと思います(^^)

2013/09/13 (Fri) 03:02 | EDIT | REPLY |  
Emi2号">

Emi2号  

Re: タイトルなし

Ryokoさん、お元気ですか^^
憧れという言葉には強さがあるので、ちょっと引いてしまわれたかもしれませんね。でも、本音です。
人にはいろいろな目標があります。私にとって英語学習におけるゴールは、英検1級に合格することでも、英語にかかわる仕事につくことでもなく、「自分にイライラしないですむくらい、流暢に英語で意思が伝えられるレベル」になることです。なので、私にとっては、Ryokoさんが目標なんです^^
これからも、ぜひいろいろな知識を共有させてください!
お互いに違うものをもっているからこそ、お付き合いも楽しいものになると思っています。

2013/09/12 (Thu) 12:02 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Ryoko  

私の事を「憧れ」だと言って下さってありがとうございます。もったいないです。私は確かにアメリカでの生活が長いし、英語に壁を感じる事なく生活できるだけのコミュニケーションのスキルはあると思います。でも「英語力」という点では正直な話、Emiさんより力が上だとは感じません。英語という語学に関してはEmiさんの豊富な知識に私はかなわないと思ってます。私は自分の生活に身近な英語は知ってますが、自分の生活の中で聞かない「英語」は知らないのです。その点、Emiさんはいろんな引き出しを使って「英語」という語学を身につけてらっしゃるので私が知らないようなイディオムなども沢山ご存知だと思います。アメリカに住む中で私の英語は"fluent"と見られますが、私が知らない英語は山ほどあります。そしてEmiさんはその私が知らない英語を沢山知ってらっしゃると思います。だからEmiさんの前で輝く存在でありたいけど、自分はその位置に置いてもらうにはもったいないって謙遜でなく本当にそう感じます。でもEmiさんがくださった最高のpraise、とても嬉しかったです。私をそのように見て下さってありがとうございます!

2013/09/09 (Mon) 13:36 | EDIT | REPLY |  
Emi2号">

Emi2号  

Re: タイトルなし

Hi, VR

> スコアで判断するならば、例えばTOEIC等のテストで毎回受験して、スコアでなくその都度の誤答数を見た方が力と言う点ではより信憑性が増すのかもしれませんね。

確かにね~。ほんと、そうかもしれない。
分析がなにより苦手な私は、まずその対策はとらないと思うけれど(-_-;)。
TOEICの先生、英検の先生って、本当にすごいと思います。
分析力って、大事ですよね...。わかっているんだけど、ひじょうにメンドくさい。
アビメなんて未だに読み方が分からないし、試験を受けるときの時間配分すらよくできない。
性格的な問題なんでしょうね。
ほんと、ブレてる。

2013/09/08 (Sun) 09:36 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  
Emi2号">

Emi2号  

Re: タイトルなし

Ryokoさん、こんにちは!
引越し完了とのこと、おめでとうございます!
あまりmixiに行っていなくて、メッセージを拝見したのはつい最近。。。
お返事もしないままで、大変失礼いたしました(^^ゞ。
新しい土地での生活を楽しんでおられるようで、とても嬉しいです。
引越しは何度も経験していますが、最初の1年は何をするのもバタバタで大変だった記憶があります。
素敵な隣人の方と出会えると、焦りの気持ちも笑い話になります。
Ryokoさんもストレス解消、上手にされていることでしょうね!

私のような英語レベルのものが発言すると、何かと叩かれるのが世の常です(-_-;)。
なので、最近は胸の内だけでいろいろ思うようになりました。
試験勉強に意味がないと思ったことはないのですが、
試験点数や合格結果だけで人の語学力を見てしまうことには、Ryokoさんと同じく???と思っています。素晴らしいスコアをもっている人でも、書いている英文は「あれ?」と思うくらい魅力がなかったり、タイプミスかスペルミスか、基本的な文法間違いをしていたりします。そうかと思うと、英検2級レベルの人が驚くくらい流暢な英語を話されたりします。
間違うことが悪いと言っているわけではありません。
間違いなんて、誰だってします。
でも、彼女は英検2級しかもっていないんだからと思っている私たちの英語力が、果たして彼女より上なのか。私は「上に決まってるじゃん」とは思えないし、思わないようにしてます。
人をスコアではかるなど、おこがましい話ですから。
私は、話したくて英語を勉強し始めたので、話せない英語力に魅力は全く感じません。
その点、Ryokoさんは憧れの存在です。
いつも、いつまでも、私のうんと前で輝いていて欲しいなと思います。

2013/09/08 (Sun) 09:31 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

Ryoko  

昨晩コメント書いた時は夫が横で「まだ〜?」ってコンピューターでビデオを見たい(うちに現在テレビがないんです!)ので早く終われと催促されて意味の分からないコメントのまま書き込みしてしまいました。ごめんなさい!

前回のコメントで書いたこの「噂」とは中国では英語が分からなくてもTOEFLで満点、または満点近くを取れる「TOEFLでいいスコアを取るスキル」を教えてくれる所があるそうです。この本の著者が言うようにリスニングもそうですが、こういった英語の試験というものは「実際の英語力」を試すというよりも独特の質問形体にうまく答えれるスキルを養う必要がありますもんね。実際それで基本的な会話さえまともにできない英語力でもMITの博士号の学生さん(超エリートコースです!)として中国から留学されてた方達が沢山いらっしゃいました。。。というのを前回のコメントで言いたかったのです。

きちんと言えてないまま書き込みをしてしまったので、再度書き込みしました。何度も失礼しました!!

2013/09/06 (Fri) 03:07 | EDIT | REPLY |  

VibrantRose  

Yes, as you mentioned, in conversation, we can interact like that.

>>"No need to worry! Be patient!"
You should say it. That's all.
As you mentioned the meaning of the test, I said like that. You know what I meant, though.
Still, your friends or students are worried or ask about the meaning, say " To grasp the points correctly at once." haha

スコアで判断するならば、例えばTOEIC等のテストで毎回受験して、スコアでなくその都度の誤答数を見た方が力と言う点ではより信憑性が増すのかもしれませんね。

2013/09/05 (Thu) 20:38 | EDIT | REPLY |  

Ryoko  

英語のテストなんてもうずーっと受けてないので、リスニングもうる覚えでしかないのですが...私が受けた時もこのポイントを聞かれるだろうな〜みたいな事を予測してメモとってましたね。数字は必ずメモってたし、あといつ誰が何?みたいな要点ですかね。確かに何を覚えれたかをテストされるようなもんですよね。噂によると博士号を取りにくる中国からの学生さん達はTOEFLのテストの受け方を勉強して満点に近い点数を取るらしく、それでも実際の英語力(会話力)はものすごく低くてビックリした覚えがあります。超エリートであるMITのPhDの学生さんに"When did you come to the US?"って聞いたら"I'm from China."みたいなとんちんかんな事を言われてビックリしたのを覚えてますよ。テストの点数と実際の英語力は比例しないという一例ですよね。もちろん彼はMITでの勉強を始めてから英語力がものすごく上達したとは思います。上達したと言うよりしなければならなかったと言うか...

なんだかまとまりがつきませんでしたが、この本の彼がいう意見にはそういった意味で一理あると思います。(^^)

2013/09/05 (Thu) 13:03 | EDIT | REPLY |  
Emi2号">

Emi2号  

Re: タイトルなし

Hi, VR! (^O^)/

I'm happy to have your comment, thanks! I rarely write things here, especially ones in English, because it's a bit tiresome for me to rewrite after having corrections. ^^; Lang-8 is very useful, and I feel easy to be there beacause everybody in the site perfectly unserstand who I am. I mean, I'm one of English learners who tends to make mistakes here and there in my writings.

> If someone's response is off the beam, the person would have a poor skills or would be a kind of "Chikuwa ears".

Haha! Maybe I'm one of those who has the ears! I cannot focus on one thing. You can tell how I've been doing with three languages, for example. I get bored easily, and I'd like to move on new things. I know this is my weakpoint, but at the same time, this weakpoint can be an asset in a different situation. ^^

> As such, it's one of measurements how much linteners can understand the points or respond appropriately.

That's it!!!
We have to notice that a listening test is one of measurements!
That's why I want to say to my friends having a problem, "No need to worry! The score cannot tell how well you can communicate with people in English!"

In conversation, we can say "Pardon me?" or "Which means..." ot "I'm afraid I'm not following you." And asking again is no problem to interact! Of couese we need to keep studying to improve our listening skills, but what I wanted to say on my journal was "No need to worry! Be patient!" ^^

2013/09/05 (Thu) 12:37 | EDIT | Emi2号さん">REPLY |  

VibrantRose  

Hi, there.

Thst's interesting, isn't it.
In my book, listening skills, whether English or Japanese, is to grab what speakers mean and grasp the main points.
If someone's response is off the beam, the person would have a poor skills or would be a kind of "Chikuwa ears".

As such, it's one of measurements how much linteners can understand the points or respond appropriately.

と、思いますがねぇ、、、。テストに関して言えるのは。
スコアシートのアミベにも“目的、要点を理解出来るもしくは推測できる”的な内容ですし、基本はそこではないかと、、、。

2013/09/05 (Thu) 09:08 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。