スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パズルみたいな中国語



中国語を難しいと感じることの1つに、語順があります。
いろいろなテキストを読んできて、何度も「そっか、わかったぞ」と言ってきたはずなのに、
いざ自分で作文しようとすると、これが思うようにいかない。

理解が浅いせいです。

シュークリームを何度か食べてきて、その味や食感や好みはわかってきたけれど、
いざキッチンに立って作るとなると「生地は何か」「材料は何か」「分量はどうか」がちんぷんかんぷん、
まったくお菓子作りに取りかかれない、、、、そんな感じの私の中国語。


私のお粗末な脳にも大きな原因はあるんでしょうが、中国語の語順って本当にムズカシイんですよ。
たとえば、


最近、新しい先生が学校に来られました。 ...これを中国語にするとき。



新しい先生 というのは、一位新老师

最近 というのは、そのまま最近

私たちの学校 というのは、我们学校

来た というのは、来了



さて、この4つの赤字をどう組み立てて文章にするかなんですが、、、
私が考えた候補は、2つ。



1 我们学校最近来了一位新老师。

2 一位新老师最近来了我们学校。



わかりやすく、スラッシュをいれると



1 我们学校 / 最近 / 来了 / 一位新老师。

2 一位新老师 / 最近 / 来了 / 我们学校。


語順が違うだけ、材料は同じです。
なのに、できあがりのシュークリームの味は、ちょっと(いや、かなり)違うというのです。



1 我们学校最近来了一位新老师。

 これは、私たちの学校に新しい先生が赴任して来られました。になり、



2 一位新老师最近来了我们学校

 これは、私たちの学校に新米先生がが訪ねてこられました。に聞こえるのだそう。



日本語も語順をコロコロかえたりしますが、その文章の意味が大きく異なることはありませんよね?
中国語を学ぶなら語順について知るべきだと言われるのは、こういう現象が起きるからなんでしょう。




10月からのNHK中国語、
「語順で覚えよう!ワンフレーズ中国語」と題した平山先生の講座がスタートします。
さっそくテキストを買いました(-_-;)。


NHK ラジオ まいにち中国語 2013年 10月号 [雑誌]NHK ラジオ まいにち中国語 2013年 10月号 [雑誌]
(2013/09/18)
不明

商品詳細を見る



平山先生は語順で学ぶ中国語テキストを執筆されておられます。
こちらも、語順(路頭)に迷う学習者には興味シンシンの1冊であります。


口を鍛える中国語作文―語順習得メソッド 中級編 (CDブック)口を鍛える中国語作文―語順習得メソッド 中級編 (CDブック)
(2011/09/25)
平山 邦彦

商品詳細を見る



関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。