スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯澤ケリーさんの「507語で英会話」シリーズ、定期的に出版して欲しいなぁと強く思う今日この頃。


再版されるテキストが、すべて素晴らしい教材であるとは限らないし、
絶版になってしまったテキストが、すべて役に立たないとは限らない。




湯澤ケリーさんの「507語で英会話~中学英語であなたも話そう」を知れば、
私の意見に賛成してくれる人も、きっときっと多くなると思います。


507語で英会話―中学英語であなたも話そう507語で英会話―中学英語であなたも話そう
(1996/07)
湯沢ケリー、Kelly Cutler Yuzawa 他

商品詳細を見る


今も Asahi Weekly に連載されている湯澤ケリーさんの The Greenville Story は、
個性豊かなキャラクターが魅力的で、紹介されている表現もシンプルながら実用的、
本当に本当に本当におもしろい読み物で、とても気にいっているストーリーなのですが、
1995年の内容をまとめた教材が1冊だけ出版されているきり、
それ以来、待てど暮らせど続編がでない!!!


お願いします、Asahi Weekly さん。
第2弾、第3段、第4段、第5段、、、、出版してください。


関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。