スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泣いてばかり


昨日はなんだか feel under the weather で、夕食を並べたあと、私は1人ゴロゴロ...
していたら、いつの間にか sleep like a top してしまい、
変な時間に眠ったもので、今度は就寝時間に眠れなくなり、、、、(^_^;)
ただ天井を gaze at していても時間のムダなので、暗闇の中、このオーディオブックを聴きました。



Les Miserables (Radio Theatre)Les Miserables (Radio Theatre)
(2007/03)
Victor Hugo

商品詳細を見る


そして、ひとり号泣...。
実は同じ日の夕方にも、「よくばり英作文」を読みながら、この「レ・ミゼラブル」を聴いていて、
同じシーンで be moved to tears 状態、あまりに snuffle するもので、
娘から「お母さん、そんな泣いてまで英作文の練習することはないのに...」と言われてしまう始末(^_^;)。

とにかく、この Radio Theatre シリーズは、臨場感あふれる内容で、本当に素晴らしい。
「赤毛のアン」「秘密の花園」も、購入してからすでに何度も何度もくり返し聴いているのですが、
とりわけこの「レ・ミゼラブル」は、役者陣の迫真の演技に圧倒されます。
何度も聴いているというのに(何度も聴いているせいか?)、感動の波がど~~~~っと押し寄せてきて
もれなく泣いてしまうのです(T_T)
涙線をゆるめるパワーときたら、韓国ドラマより、すごいですよ。
もともとストーリーは知っているので、英語のセリフも90%は聞きとれます。
イギリス英語も美しい、オススメのオーディオブックです。

関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。