スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

挫折


韓国語に関する学習日記は10日ぶりくらいになりますが、学習はしぶとく続けています。
ぼちぼち続けている中で、挫折してしまったものが、、、






NHK ラジオ レベルアップハングル講座 2014年 01月号 [雑誌]NHK ラジオ レベルアップハングル講座 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/12/18)
不明

商品詳細を見る

学習の中心になるはずだった、NHKラジオ レベルアップハングル講座です(-_-;)。
ドリル形式の内容で、苦手な文法を学ぶという点においては、とても有効な講座だと思うのですが、
...つまらないのです(-_-;)。
お気楽、娯楽の学習者である私には、これは決定的なマイナスポイントです(-_-;)。
「こうこうなって、こうなります」
「原則的にはこう変則しますが、例外のものもあります」
こんな風に文法を学んでも、お粗末な私の頭にはうまく入ってくれないのです。。。
ティグッの変則、激音の読み方などは、「こうこうこうです」と理屈で覚えるより、
ドラマを観て俳優さんのセリフをディクテーションしたり、リスニング教材を聴いて耳から覚える方が、
私にはずっと残りやすい。
挫折するのは悔しいのですが、2月からのラジオ講座は「中国語講座」だけにします。


今よく観ているのが、2010年放送の「NHKテレビ ハングル講座」です。
チョ・ヒチョル先生が講師だった、この2010年のハングル講座が私はとても(今でも)大好きでして。
気に入っていた理由の1つが、爽やかなイメージが際立っていたネイティブゲストのお2人、
コン・テユさんとヨンアさんが素敵だったから。
特にコン・テユさんは、番組の進行も、表現の説明も、とても上手にこなされていたので、
翌年度の講座からいなくなってしまって、本当に残念でした(観なくなってしまいました...)。


2010年度の講座は、構成もよかったです。

おしゃれなオープンカフェ「カフェ・パランセ(카페 파랑새)」を舞台に、「ハングルでひとり旅」というテーマで、旅行や短期滞在などで韓国を訪れた際にひとりで歩き、楽しく過ごすための実践的な会話を学習する[10]。なお、コン・テユがカフェのバリスタ兼オーナー、ヨンアがバリスタ見習い、チョ・ヒチョルが大学教授の常連客、そして細川茂樹が新しい客(2回目以降は常連客)で、細川は3人からハングルを学ぶという設定となっている。 
             Wikipedia より








「ハイヒール」というタイトルのこの曲は、2010年度「ハングル講座」のオープニング曲です☆彡
可愛らしい声が、魅力的。
「懐かしい~~~~」と言ってくださる方も、もしかしたら、いらっしゃるかも(*^。^*)。





先日、アマゾンを旅していたら、こんな商品を見つけました。


テレビでハングル講座 “韓流”スキットドラマで楽しく学習! [DVD]テレビでハングル講座 “韓流”スキットドラマで楽しく学習! [DVD]
(2010/07/23)
チョ・ヒチョル、ますだおかだ増田 他

商品詳細を見る


放送を収録したDVDです。2009年度版は出まわっているのに、私が欲しい2010年度版はない。
2010年度版の放送には、歴史ドラマ大作と言われた「イサン」のセリフを解説するコーナーもあって、
韓国を旅する際のお役立ち情報も満載で、とても面白いというのに。
録音しておいて、本当によかったです。
画像はかなりボロボロになってるんですが、お宝にしたいと思います。

関連記事

Comment

Add your comment

Latest

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。